今日の情報が、明日の君をつくる。

今週のNEWS:Bitcoin OTCの取引量が増え、Bitwise ETFとBitmainが新しいCEOを任命

1日のトランザクションが1年ぶりに最高(28万回)に達したにもかかわらず、時価総額トップのビットコインBTC)の価格は先週の10%減となりました。

しかし、今週の仮想通貨業界には明るいニュースがありました。最近、仮想通貨の店頭取引(OTC)の販売量が増加し、2つの新しいBitcoin ETFの申請が注目を集めています。

仮想通貨は、木曜日最初の売却波で、時価総額の11%以上下落、昨日は2回目の波が訪れ、さらに4%下落し前週の下落を上回ってマイナスの週となりました。 これは毎週の総損失を190億ドルとしています。

1日のトランザクションが1年ぶりに最高(28万回)に達したにもかかわらず、時価総額トップのBTCは11月末からトライアングルフォーメーションを抜け出すことができなかったため、現在は3,540ドルと12%減少しています。

リップルXRP)が再びイーサリアムETH)の時価総額を上回り、2番目に時価総額が高い仮想通貨となりました。XRPは0.32ドルで、ETHは116.7ドルです。

先週の時価総額トップ30に入る仮想通貨の中で、最も取引量が多い仮想通貨はChainLinkとトロン(TRX)です。最初の売り波の直前には、総取引高は週内最高値の250億ドルに達し、現時点では150億ドルまで減少しています。

イーサリアムクラシックに51%攻撃

先週のイーサリアムクラシックに対する51%攻撃により、100万ドル以上のETCが盗まれました。この攻撃は仮想通貨取引所であるCoinbase、gate.io、Bitrue.Ledgerで確認されています。

NYSEでのBitcoin ETFのビット単位ファイル

BitwiseによるビットコインETFの申請は、Bitwise Bitcoin ETF TrustをSECに申請しました。 承認されれば、上場投資信託はNYSE Arcaに上場されるでしょう。 Bitmainは、ETFが以前の申請を破綻させた規制上の懸念に対処すると語った。

日本はビットコインETF承認を検討

日本の金融庁は、最初のビットコイン ETF承認を検討しています。アメリカよりも先に承認されれば、これは米国証券取引委員会(SEC)に圧力をかけるかもしれません。

OTCの買い圧が高まる

OTCの増加は、多くの著名なOTCで買圧力が高まったと伝えられています。 最大OTC業者の1つCumberlandは、先週買いと売りの比率が60%へ上昇したと発表しました。仮想通貨投資銀行Galaxy Digitalは、以前税務目的で資産を売却していた資産運用会社からの強い買い戻しを確認しました。今年の仮想通貨パクソス取引の大部分は、新興市場のトレーダーからチケットを購入することでした。

イーサリアム財団がParity Technologiesに500万ドルを助成

イーサリアム財団はイーサリアムクライアントを開発するParity Technologiesに500万ドルを授与。財団の元CSOであるJutta Steiner氏によって共同設立されたテクノロジーです。 Parityは、以前はいくつかのイーサリアムソフトウェア開発に取り組んできた、ブロックチェーンインフラストラクチャーのスタートアップ企業です。

Bitmainは新しいCEOを任命

Bitmain創設者であるJihan Wu氏は、Bitcoinのキャッシュフォーク戦争への関与について強い批判を受けた後、Jihan Wu氏に代わる新しいCEOを指名しようとしています。サウスチャイナモーニングポストはまた、同社の第3四半期の財務はまだ発表されていないと述べていますが、損失は7億4000万ドルを超える可能性があるとしています。

LedgerがNano Xを発売

Nano X ハードウェアウォレットメーカーLedgerは、スマホなどの携帯端末とウォレットを直接接続できる、Bluetooth対応デバイスを発表しました。さらにLedgerは携帯端末をウォレットにペアリングするためのモバイルアプリを開発する予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です