今日の情報が、明日の君をつくる。

取引所でも販売所でも無い!?仮想通貨のOTCのメリット・デメリットとは?

仮想通貨を購入する主な方法というと、販売所で購入するか、取引所で購入するか、個人から購入するかの3つのパターンが考えられます。

どのパターンであっても仮想通貨を購入できることに違いはありませんが、それぞれにメリットとデメリットがあります。

今回は、取引所と販売所、そしてOTCそれぞれの違いについて、メリットやデメリットを解説します。

OTCの特徴とは?

 
OTCとは「Over The Counter」の略称で、店頭を介さない相対取引のことを指します。

取引所のような運営者が取引の仲介をする取引方法と違って、OTCでは他ユーザーと直接売買取引をすることになります。OTCをできるWEBサービスもあるにはあるのですが、この手のサービスはあくまでOTC取引ができるだけであり、基本的にサービスの運営側がトレードに関わり合うことはありません。そのため、トレードに関わるあらゆることはすべて、トレードをする人の自己責任となります。

例えば、ビットコイン(BTC)を保有している人がネット上でビットコインを買いたい人とプライベートで知り合い、ビットコインの売買をするとします。この時、買い手が売り手に日本円を送金し、それに対して売り手が買い手にビットコインを送金すれば、OTCは成立します。

OTCでは、ネット上だけでなく実際に出会って取引をすることもあります。

OTCのメリットは、自由に、簡単に、ルールに縛られずに取引ができることです。なにしろ店頭を介さない取引なので、いつ、どこで、何を、どのような方法でトレードをするのか、すべてはユーザー同士で決められます。たとえ取引所が破綻したとしても、メールや無料通話、掲示板などを通じることでいくらでもOTCはできるので、取引所に関係なく仮想通貨の売買ができます。

店頭を介さないという事は、第三者にバレずに秘密裏に取引をするということでもあります。よって、OTCならばどれだけ大量の注文があっても、相場に影響を与えないというメリットもあります。

例えばビットコインの大量保有者が、それこそ保有する全てのビットコインを取引所で売却すると、その売りがキッカケで価格が暴落します。価格が暴落すると、せっかく売却をしたのに、安値になってしまいます。しかし、OTCならば相場に影響を与えないので、常に相場通りの価格で大量に売却ができるでしょう。

OTCとは「Over The Counter」の略称で、店頭を介さない相対取引のことを指します。店頭を介さないため、自由に、簡単に、ルールに縛られずに取引ができる点がメリットです。

取引所の特徴とは?

 
取引所とは仮想通貨の取引をするための場所です。

取引所では、主に仮想通貨を買いたい人と、売りたい人がそれぞれ取引をすることになります。取引の対象は主に個人であり、取引所の運営者ではありません。運営側はあくまで取引をするための場所を提供しているだけであり、実際に取引をするのは参加しているユーザー同士ということです。この点については、OTCと同じだと言えます。取引所の役割は、仮想通貨の売り手と買い手を仲介することであり、運営側は取引が成立した場合に売買手数料を得ることになります。取引所での取引の場合、運営者が売買を仲介するため、常に安全な取引をすることができます。

取引所のメリットというと、相場通りの価格で、狭いスプレッドの中で、安全に仮想通貨の売買ができることです。インターネット上のユーザーというと、どこの誰ともわからない相手です。普通であれば、とても信用できず、危険ですらあり、直接取引には不安が残ります。怖くて売買などできないという方もいるでしょう。しかし、取引所を仲介することで、誰でも自由に安心して、それも良い条件でトレードができるのです。

そんな取引所のデメリットというと、売買手数料がかかる、取引の相手がいないと売買が成立しない、運営側のルールに従わないといけない、などでしょうか。取引所で売買をする場合、そこには手数料がかかります。さらに、いくら仮想通貨を売りたいと思っても、買い手がいないと売れません。そのため、取引所で確実に売るためには、取引量が多い取引所を利用する必要があります。さらに、取引所で売買をするにあたっては、取引所のルールに従うことになります。身分証による本人確認の作業や一回のうちに取引できる数量の上限に従うなど、様々な運営側のルールを守らないと取引所での売買は不可能です。

取引所で自由に取引をしたいなら、取引量が多く、取引量に上限がないなど、自由に売買できる環境のある取引所を選ぶと良いでしょう。

取引所は、仮想通貨を買いたい人と、売りたい人がそれぞれ取引をします。運営側はあくまで取引をするための場所を提供しているだけあり、売り手と買い手を仲介することによって売買手数料を得ています。取引所のルールに縛られるものの、運営者が売買を仲介するため、安全な取引ができることがメリットです。

販売所の特徴とは?

 
販売所でも、取引所同様に仮想通貨の売買ができます。ただし、取引所と違って、売買の相手は運営側となります。取引所の場合、運営側はユーザー間で売買を仲介するだけでしたが、販売所の場合はユーザーと運営側が直接取引をすることになります。

そのメリットは、すぐに売買ができること、販売手数料などのコストがかからないことなどです。販売所の場合、運営側が取引の相手方になるので、取引所のように取引相手が出てくるまで待つ必要はありません。トレードをすれば、すぐに売買ができます。さらに、販売所では取引を仲介することはありませんので、売買手数料が無料になることが多いです。もっとも、本当に無料になるかどうかは販売所によりますので、必ずしも手数料が無いとは限りません。

このようにメリットの多い販売所ですが、デメリットとしてスプレッドが広いという短所があります。販売所は取引所と比較するとスプレッドが広がりやすく、不利なレートを強いられやすいです。もっとも、出来高が少ない取引所もスプレッドは広いので、すべての取引所に比べて販売所のスプレッドが常に広いというわけではありません。出来高が多く、最狭のスプレッドを提供できるような取引所と比較すると、常にスプレッドが広い販売所は不利になるということです。販売所は手数料は安いもののスプレッドが広いため、取引コストで比較すると手数料のある取引所の方が結果的に安上がりになりやすいです。

販売所では、ユーザーと運営側が直接取引をします。メリットは、すぐに売買ができること、販売手数料などのコストがかからないこと。デメリットとしてスプレッドが広いところがあげられます。

まとめ

仮想通貨を購入する主な方法というと、販売所で購入するか、取引所で購入するか、個人から購入するかの3つのパターンが考えられます。

取引所で購入する場合は、主に仮想通貨を買いたい人と、売りたい人がそれぞれ取引をすることになります。取引の対象は主に個人であり、取引所の運営者ではありません。販売所の場合は、ユーザーと運営側が直接取引をすることになります。

それに対し、OTCとは「Over The Counter」の略称で、店頭を介さない相対取引のことを指します。

様々なメリットのあるOTCですが、自由に取引ができる分、リスクも伴います。OTCをした人の中には、仮想通貨を送金したのにお金を振り込んでもらえなかったり、その反対でお金を振り込んだのに仮想通貨をもらえなかったという事件もあります。さらに、OTCは販売所以上にスプレッドが広がりやすいというデメリットがあります。OTCの売買のレートは販売所や取引所以上にスプレッドが広く、不利なレートを強いられやすいので、OTCはアービトラージやデイトレードには不向きな環境です。

そもそもOTCを利用するユーザーというと、税金逃れの一環としてやっていることが多く、OTCは法的にかなりグレーなやり方です。OTCは取引そのものは合法ですが、取引相手が犯罪者であるリスクがあるなど危険性が高いため、利用する際には注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です