今日の情報が、明日の君をつくる。

オンライン決済大手PayPal、ブロックチェーン企業に初出資

米大手決済企業のPayPalが、初となるブロックチェーン企業への出資を行った事がフォーブスなどの報道により明らかとなりました。出資を受けた企業は「ケンブリッジ・ブロックチェーン(Cambridge Blockchain)」と呼ばれ、デジタルID分野での開発に取り組んでいます。

PayPalが初のブロックチェーン企業に出資

ブロックチェーン企業である「ケンブリッジ・ブロックチェーン(Cambridge Blockchain)」は、2018年5月に、シリーズAとなるラウンドですでに約700万ドル(7億8千万円)の資金調達を行っていました。

今回、米オンライン決済企業のPayPalはそのシリーズAの延長ラウンドに参加した事になります。また、同社がブロックチェーン企業へ出資を行うのは、今回が初めてです。

具体的な投資金額は伏せられているものの、ケンブリッジ・ブロックチェーンは2018年5月以降の過去9か月間で350万ドル(3億9千万円)の資金調達に成功しているとの事です。

シリーズAでは、台湾のフォックスコンのベンチャーキャピタル投資担当企業であるHCMキャピタルや、DCGなどの大手企業が出資に参加していました。

PayPalの広報担当は今回の出資に関して、次の様に理由を述べています。

「ケンブリッジ・ブロックチェーンが、間違いなくPayPalを含む金融機関に利益をもたらすだろうと思えるやり方で、デジタルIDにブロックチェーンを応用しているからです。」

デジタルID×ブロックチェーン

ケンブリッジ・ブロックチェーンは、デジタルIDにてユーザーの情報などを管理する製品の開発に取り組んでいます。
同社は、ユーザーが自身のデータの厳重な管理や検証だけではなく、銀行を介さない送受金や、デビットカードを利用したATMサービスの提供も目指しているとのことです。

また、個人のデジタルIDの情報共有などを可能とするオープンエコシステムの構築も目指しており、IBMやマスターカード、マイクロソフトらなどの企業と共に、非営利団体である「Decentralized Identity Foundation」へも積極的に参加しています。

ケンブリッジ・ブロックチェーンは、ユーザーが厳格なKYC(本人確認)を1度クリアすれば、デジタルIDを複数の金融機関で使用でき、その都度行われる面倒な書類確認などの手間を省けるなどとしたシステムの開発にも取り組んでいます。

仮想通貨投資家の間では、PayPalが直接仮想通貨決済を開始した方が喜ぶかもしれません。とは言え、ブロックチェーン企業へ初めて出資を行ったと言う事実は業界にとって良い流れだと考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です