今日の情報が、明日の君をつくる。

フィッシング詐欺から身を守るシンプルな方法

インターネットが誕生してから長い月日が経っており、多くの人がそれを使い有益な情報を手に入れられることを知っています。職場、学校、プライベートでも、インターネットは私たちの生活の重要なインフラであり、切っても切れない存在となっているでしょう。一方で、インターネットには数多くの悪意ある攻撃が存在します。メールやウェブサイトに乗じたウィルスは、ユーザーがクリックするだけで多くの情報や資産を盗んでしまうものです。これらは仮想通貨を標的にしたものも含まれています。

フィッシング詐欺

フィッシングメールはユーザーの個人情報から保有する仮想通貨が標的となります。クレジットカードの番号、サイトにログインするためのパスワード、個人の重要な機密データを広範囲で奪い取る攻撃です。

詐欺・攻撃への解決策

インターネットを通じたこれらの攻撃には、複数のトリックが仕掛けられています。ほとんどのブラウザはこれに対処することができず、機密データを漏洩してしまうでしょう。

一方で、こうした攻撃に影響を受けないデバイスも存在します。仮想通貨で言えば、「Trezor」が挙げられるでしょう。Trezorはハードウェアウォレットであり、外部のネットワークとは完全に遮断され、常にオフラインの状態を保つことが可能です。悪意ある攻撃からユーザーを守ってくれる存在と言えます。

仮想通貨において最も危惧すべきは、秘密鍵の漏洩です。実際にフィッシング詐欺のほとんどは、秘密鍵を奪う目的で設計されています。秘密鍵は仮想通貨をウォレットから移動させる際の承認に必要となる、言わばコントロール権のような存在です。つまり、秘密鍵をいかにして守るかが、仮想通貨を守る上で重要なポイントとなるのです。

あなたがデジタル資産を保有しているのであれば、こうした事実を忘れないで下さい。そして、ハードウェアウォレットでの管理や秘密鍵の安全な保管なども意識することをおすすめします。