今日の情報が、明日の君をつくる。

ステーブルコインの重要性:仮想通貨市場を大きく発展させるステーブルコインとは?

仮想通貨市場は今年、ステーブルコインの影響を受けて大きく成長してきた。有望なトークンの総数はおよそ200種類に及ぶ。しかし200種類全てが重要なわけではない。今回はステーブルコインの需要が大幅に伸びると予測されているその理由を見ていく。

ステーブルコインとは?

ステーブルコインは、価格変動の少ない仮想通貨を生み出そうとする試みである。ステーブルコインの価値は、法定通貨という現実世界の通貨に固定されている。これらのステーブルコインは主に3つのグループの投資家たちに需要があるという。

1.慎重な投資家:ポートフォリオの一部だけをリスクの高い仮想通貨に投資したいと考えている人々
2.投機家とマイナー:大きなボラティリティと調整局面に備えて仮想通貨のポジションをヘッジする必要がある人々
3.証拠金と先物のトレーダー
4.アルゴトレーダー

ステーブルコインの大部分は米ドルにペッグしており、多くの取引所はこれらのコインの名前を「USD〜」としている。USDT、USDC、USDK、USDS、USDQ、USC、TUSD、GUSD、SCUSD、BitUSD、sUSDなどである。

最初期に開発され、最も人気のあステーブルコインはTether(USDT)である。テザーは、ステーブルコイン市場の時価総額46億ドルのうち約80%を占めている。

ステーブルコインのペッグについて

ステーブルコインの主な特徴は法定通貨に紐付けられていることである。従って、1ステーブルコインは常に1 USDの価値があるとされている。

これは簡単な約束事ではないが、それを実現するための最も簡単な方法は、1対1の準備金を金融機関の銀行口座に保管することだ。しかし、時に当局は、法定通貨口座の使用にいくつかの制限、差し押さえを課すことがある。これは、法定通貨のリスクの一部を仮想通貨市場にもたらしている。

2019年7月1日、Bitfinexはテザーに1億ドルの未払いの融資枠を返済した。コミュニティ全体が融資額の全額返済を期待しており、この行動によってTetherへの信頼が回復することが見込まれる。Bitfinexは新規トークン(LEO)発行によって行われたIEOで10億ドルを調達した。これにより8億5000万ドルの損失を埋め合わせたことを考慮すれば、全額返済と信頼の回復は可能だと思われる。

この事例は、仮想通貨市場が法定通貨のリスクに強くさらされていることを示している。取引所がすべて正常に動いている場合でも、規制当局という高いリスクが存在する。規制当局はいかなる時でも、不審な何かを見つけた場合は理由をつけて残高の総額を把握することができる。Tetherの時価総額、およそ38億ドルは主に法定通貨で保有されているために、規制当局に目をつけられやすい側面もある。

Bitfinexの事例は、相当額の準備金を法定通貨で保有するという仮想通貨プロジェクトのシステム上の新たなリスクを示している。このリスクを考慮した上で、法定通貨でなく仮想通貨に裏付けられたステーブルコインの開発が進んでいる。

仮想通貨に裏付けられたステーブルコインには、他のすべてのステーブコインと同じ利点がある。トレーダーは調整局面に入った市場でリスクヘッジのためにステーブルコインを使用することができる。これに加えて、ステーブルコインは完全にブロックチェーン内にあり、差し押さえの危険性はない。通常、Ethereumブロックチェーンが使用されている。仮想通貨を担保としたステーブルコインの問題点の1つは、仮想通貨の調整局面の時に担保を管理することだ。仮想通貨を担保にしたステーブルコインは、過剰な担保を生み出すとともに、市場が大きく下落した場合に担保を増やすためのアルゴリズムも用意する必要がある。

これらの仮想通貨を担保にしたステーブルコインの最も良い例は、USDQ、JPNYQ、およびKRWQというステーブルコイン(それぞれ米ドル、日本円、および韓国ウォンに裏付けられる)と、それを取り扱うQ DAOエコシステムだ。ステーブルコインの価格は特別な目標レートのフィードバックメカニズムによって制御され、価格を1ドル(他の通貨も同様)に維持する。USDQの市場価格が目標価格を下回ると、フィードバックメカニズムによって目標レートが上昇し、新しいトークンの生成がより高価になるため、既存のトークンに対する需要も増加。価格が許容されるしきい値を超えると、逆のメカニズムが実装される。ターゲットレートが低下し、それに伴ってUSDQトークンの需要が減少する。

担保の種類

① 法定通貨担保型

メリット:売買が簡単で、いつでも引き出しが可能。
デメリット:法定通貨の差し押さえリスクがある。

② 仮想通貨担保型

メリット:仮想通貨の価格が上昇しているときは非常に安定している。また、高レベルのセキュリティとスマートコントラクトがベースになる。
デメリット:仮想通貨の価格が下落した場合、管理と追加担保が必要になる。取り扱う取引所が少ない。

③アルゴリズム無担保型

メリット:高度な管理アルゴリズム安全で信頼できる。
デメリット:まだ開発段階、複雑かつ珍しい。

要約

すべてのステーブルコインは、仮想通貨市場全体により多くのサービス、流動性、および柔軟性を与える。
法定通貨担保型が現状最も人気でシェアが広い。仮想通貨担保型は、より高いレベルのセキュリティと分散化で人気を集めている。
技術が信頼性と安全性を証明するとき、アルゴリズム無担保型のステーブルコインは将来的に人気が上昇する可能性がある。

本記事はプレスリリースです。Merokoは、本ページにおけるいかなる内容、正確性、品質、広告宣伝、商品、その他の題材についても、それを支持するものではなく、またそれらについて責任を負うものではありません。 Merokoは情報提供を目的としており、特定の商品についての投資の勧誘や売買の推奨を目的としたものではありません。詳細に関しましては、各関連企業にお問い合わせ下さい。 また、本ウェブサイト上において提供されるプレスリリースに含まれている情報は、当該プレスリリースが発行された時点における情報を記載したものであり、発行日以降に発生するおそれのある状況の変化を反映したものではありません。 読者の皆様は、本ページに関連したいかなる行動についてもそれを起こす前に、必ずご自身で調査を行い、ご自身の責任において行動されるようお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です