今日の情報が、明日の君をつくる。

【初心者でも安心】少額からスタートできる暗号資産(仮想通貨)積み立て投資とは?

ビットコイン(BTC)が2021年に入り最高値400万円越えを果たし、個人の間でも注目が集まっています。しかし今でも1BTCから購入できず、多額な資金が必要と思われがちですが、少額からでも始められる積み立て投資という方法があります。

お小遣いからでも投資可能に

欧米などの企業や基金で暗号資産(仮想通貨)投資サービスが開始され、個人投資家の間でも2017年以来、再び関心が高まっています。これを機にビットコインは上昇トレンドに入り、日本国内でも暗号資産取引所の口座開設数が増えてきています。

1BTCといえば高額なため、まとまった資金が必要と敷居が高く感じられるかもしれませんが、取引所ごとに数百~数千円からと少額購入できる積み立て投資サービスが存在します。

積み立て投資とは自動で購入できるサービスで、一定の金額と期間で投資するこの方法は「ドル・コスト平均法(DCA)」とも呼ばれています。この手法は時間と金額を分散するため、暗号資産の特徴である急な価格変動リスクを軽減することが可能です。

どの取引所がおすすめ?

積み立てサービスを提供している国内取引所の1つにマネックスグループ子会社のコインチェックがあります。コインチェックは初心者でも感覚的に使いやすく、アルトコインの上場にも積極的な取引所です。

提供している積み立てサービス「Coincheckつみたて」では紐づけた銀行口座から、毎月1万~10万円の範囲で1000円単位から自動で引き落とされ積み立てられます。また口座振替手数料・利用サービス手数料は無料です。

コインチェック

一方、GMOインターネットグループ傘下の暗号資産取引所GMOコインでも「つみたて暗号資産」という積み立てサービスが利用できます。

最低1000円から積み立てが可能で、毎月10日にビットコインだけでなくイーサリアム(ETH)を含むベーシック・アテンション・トークン(BAT)やオーエムジー(OMG)など人気のアルトコインが自動で購入できます。

メリット・デメリット

積み立て投資は少額なため、長期投資を前提としています。そのため上昇が期待できる暗号資産をコツコツと購入することで、日々の価格変動に一喜一憂せず低リスクで投資効果を期待できます。

一方デメリットとして短期間で上昇した際、その恩恵を受けにくい側面が挙げられます。しかし初心者が1度にまとまった資金で暗号資産を購入した際、暴落時の経済的・精神的負担は計り知れません。

そのため積み立て投資は初心者や専門トレーダーでは無い人にとっても、十分に有効な手段と言えるので上手に活用しましょう。