今日の情報が、明日の君をつくる。

ヨーロッパ議会委員、ブロックチェーンの規制に関して議論する




ヨーロッパ議会委員が、ロンドンで開催されたリップル社主催のイベントでブロックチェーン技術に対するヨーロッパ議会の意見を述べました。

2014年からヨーロッパ議会のメンバーであるEva Kaili氏は、彼女が参加した初めてのブロックチェーン会議で疎外感を感じたといいます。政治家である彼女が参加していることで、新たな技術が規制される恐れがあると思い、その後、ブロックチェーン技術に対する好奇心を一層掻き立てられ、調査を行ったとし、下記のように述べています。

ブロックチェーンに対して前向きな立場を取らないのであれば、既存産業からの反対意見は増加し、将来的に有望な技術を無くしてしまう可能性があった」

それが現在では、今回のイベントにおける彼女の意見は、参加した金融機関やフィンテック企業から好意的な評価を得ています。その理由としては、世界中の機関がブロックチェーン技術を認め始めたこととEUのブロックチェーン規制に対する前向きなアプローチが考えられます。

世界の有力者や機関は、これまでデジタル資産に対する考えを変えてきています。仮想通貨のようなブロックチェーン技術とデジタル資産は受け入れられつつあり、多くの機関や企業によって、注目されている技術なのです。

リップル社は、ブロックチェーンをベースとした決済サービスを提供する企業です。リップル社の製品であるxRapidは、安価にかつ迅速に取引に行えるだけでなくより強固なセキュリティを持ちます。ブロックチェーン業界は、規制当局がさらなる普及を後押しすることを待つのみです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です