今日の情報が、明日の君をつくる。

LINEの運営するBITBOXがリップルを上場廃止、証券問題の影響か

LINEが運営する海外取引所BITBOXが、仮想通貨リップル(XRP)の上場廃止を発表しました。上場廃止に関してBITBOXは、信頼性、流動性、規制などの要件が理由と述べています。

金融業界に革命をもたらすXRP

XRPはアメリカのリップル社が発行する仮想通貨です。法定通貨同士の交換の際に、その橋渡しを行う「ブリッジ通貨」としての利用を目的に発行されました。これまで、国をまたいだ送金の際には高い手数料と長い送金時間がネックとなっていました。しかし、XRPを使うことで手数料はわずか数十円、送金時間も1件あたり約4秒で完了します。国際送金の抱える問題を、大幅に改善することが可能なのです。

こうした優位性もあり、リップルは市場において常にニュースが絶えない仮想通貨の1つです。しかしその一方、いくつかの懸念も存在します。

証券問題とアメリカの規制当局の意向

2017年から2018年にかけて、数多くの仮想通貨が発行されました。現在ではその種類は1,700種類以上に及ぶと言われています。現在、その多くの仮想通貨が「証券」である可能性が高く、その場合、正式な発行手続きを踏んでいないことが問題視されています。

アメリカでは規制当局の意向もあり、ライセンスを保有していない交換業者は証券の可能性が高い仮想通貨を取り扱わないよう警告されています。XRPは証券である可能性を拭いきれていないため、アメリカでの取り扱いには壁がある状態です。

低調な価格パフォーマンス

加えて、XRPの価格はどの上位通貨と比較しても悪化の一途をたどっています。昨年4月からの大幅な価格上昇で、ビットコイン(BTC)は最安値から4倍ほど値上がりしました。いっぽうで、XRPは上昇しても売り圧力が強く、すぐに価格が下落してしまい、4月の価格水準を現時点で割り込んでいる状態です。

リップル社のCEOであるBrad Garlinghouse氏は、XRPの価格変動とリップル社は何の関係性もないことを強調しているものの、ロックアップの解除後に機関投資家へ販売されているXRPは、取引量の低い取引所への送金がたびたび行われており、価格操作を受けている可能性もあります。

BITBOXの上場廃止が意味するもの

リップルは仮想通貨の成功に必要な条件をすべて備えています。しかし、様々な背景の影響もあり、投資家は投資を恐れているように感じます。BITBOXの上場廃止にも、証券や価格の低調なパフォーマンスは大きく影響しているでしょう。リップルは、こうした懸念を上回る勢いを今後の活動で取り戻していかなければいけません。