今日の情報が、明日の君をつくる。

割れるリップル価格予想、今後は上昇?それとも下落?

コインマーケットキャップのデータを見ると、リップル(XRP)の価格は過去24時間で大幅に上昇し、現在の価格は0.3245ドルとなっています。これを受けて、人気の仮想通貨アナリスト3名がリップルの価格状況を調査していますが、現在は意見が割れているようです。

レジスタンスラインが重要なポイントに

テクニカル分析を専門とするツイッターアカウントCrypto Randは今回の上昇を受け、チャートの分析画像と合わせて「ムーンショットを期待している」と投稿しました。彼が投稿したチャート画像には、昨年からリップルの上昇を阻んでいるレジスタンスラインがピックアップされています。加えて、現在の価格はちょうどそのレジスタンスラインに到達している状態です。

また、The CryptomistはXRPが上昇するためには0.3100ドルのレジスタンスラインを超える必要があると見解を示しており、現在そのレジスタンスはクリアな、次なるレジスタンスに挑んでいます。

「XRPが月に向け離陸するのは時間の問題かもしれません。しかし、このレジスタンスを打ち破るには終値も重要です。31セント、35セント、38セントで取引を終えるかが注目すべきポイントと言えます」

これら2つの見解は、このレジスタンスが重要なポイントであり、リップルがそれを超えたタイミングから大きく上昇する可能性を示唆するものとなっています。

リップルはここから挽回?主要アルトの上昇が根拠に

Venture CoinistのLuke Martin氏によると、主要なアルトコインはすでにネックラインのブレイクアウトを達成しており、リップルはそれに追いつく準備ができたのかもしれないと見解を示しています。

「他の主要なアルトコインがネックラインをブレイクアウトしている状況を考えると、XRPは約30%高くなっているはずです。なぜなら、アルトコインのグループは同じように上昇するからです。マクロ的な観点から、そのグループの中で最善と言えるものを選択するでしょう。こうしたアプローチは、イオス(EOS)カルダノ(ADA)がほとんど動いていないにも関わらず、イーサリアム(ETH)が今週上昇したことからも、その正確性を保証できます」

ベテラントレーダーは警鐘を鳴らす

しかし、ビットコイン(BTC)やアルトコインのベテラントレーダーでもあるジョシュ・レイガー氏は、こうした意見に対して警鐘を鳴らしています。レイガー氏はビットコインが1万3,000ドルに到達した前回の上昇と同じ様に、トレードに関する数多くのDMが届いていると述べています。加えて、前回もその後に価格は大きく下落したと見解を示しました。

現在はトレーダーによって見方が割れている状態ですが、いずれにせよ損切りを入れるなど、リスク管理をしっかりとした上でトレードするよう心がけましょう。