今日の情報が、明日の君をつくる。

リップルCEO、フェイスブックのリブラについて2022年末までの立ち上げは難しいと見解を示す

リップル社CEOであるブラッド・ガーリングハウス氏は、フェイスブックの仮想通貨プロジェクト「リブラ」について、2022年末までの立ち上げは難しいと見解を示しました。

リップルCEOがリブラの立ち上げについて見解を示す

リップル社のCEOであるブラッド・ガーリングハウス氏は、米ビジネス誌フォーチュンの「Balancing the Ledger」におけるインタビューにて、2022年末までにリブラを立ち上げることは困難であるとの見解を示しました。

リブラは今年6月、フェイスブック主導のリブラ協会の立ち上げと合わせ、ホワイトペーパーが公開されました。

この直後のインタビューでガーリングハウス氏は、リブラのおかげでリップル社の契約数が伸びたとして、リブラの専用ウォレット「カリブラ」の代表者であるDavid Marcus氏にシャンパンを送りたいとコメントしていました。

しかし、現在ではリブラに対して、やや懐疑的な見解を持っているようです。

インタビュアーがガーリングハウス氏に、リブラについてどう思うかと尋ねたところ、以下のように答えました。

「リブラとホワイトペーパーの主導権は誰が持っているのでしょう。フェイスブックが主導するプロジェクトでなければ、もっと良い受け取り方をされていたと思います」

また、フェイスブックが過去に大規模な個人情報の流出を起こしていることからも、各政府機関や規制当局がリブラに対して否定的なスタンスを持っていることは、驚くべきことではないとしています。

加えて、ガーリングハウス氏は、インタビューアーからリブラがホワイトペーパーに記載しているロードマップを順調にこなしていけるかどうかについて問われると、以下のように答えました。

「おそらく難しいでしょう。リブラが直面している規制当局の逆風は、相当なものです。もし私が賭けに参加するのであれば、2022年末までにリブラが立ち上がらない方に賭けます」

提携先を拡大するリップル

ここ最近の価格低迷とは裏腹に、リップルは企業との提携や出資など精力的に活動しています。

9日には、世界トップ100の銀行のうち90を顧客に持つとされている、金融サービスのソフトウェアを手がける企業フィナストラとの提携を発表しています。

また、リップル社の投資部門であるXpringでは、決済サービスを開発する企業ロゴス・ネットワークの買収や、仮想通貨ATMのコインミーへの出資などが行われており、さらに勢力を拡大していることがわかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です