今日の情報が、明日の君をつくる。

リップル社CEOがJPモルガンの「JPM Coin」について発言する




リップル社CEO「特に脅威と感じてはいない」と述べる

大手国際銀行であるJPモルガンがブロックチェーンを使った新たな仮想通貨の開発を始めたことを発表しました。その仮想通貨は、既存の銀行システムよりも効率的にかつ安全に早く国際決済を行うことができるといいます。

JPモルガンはリップル社の分散型台帳をイーサリアムベースのQuorumブロックチェーンに変え、リップルXRP)ではなく独自の仮想通貨であるJPM Coinを使います。

JPモルガンのJPM Coinは、名目上は仮想通貨と呼ぶことはできません。なぜなら、既存の通貨と仮想通貨の特徴を併せ持っているからです。そのコインはブロックチェーン技術を使ってリップルのようなボラティリティを避けつつ、国際取引を早く完了させることができます。

JPM CoinはJPモルガンの顧客が利用することができ、米国ドルと1:1の価値で交換することができます。これによって、一般の仮想通貨にあるような大きなボラティリティは発生しないといいます。

言い換えれば、大手企業がスタートアップ企業の技術を模範し改善したといえるでしょう。これに対してリップル社CEOのBrad Garlinghouse氏は、特に脅威と感じてはいないと述べています。

Garlinghouse氏はJPモルガンの仮想通貨に関する論点はずれていると主張しています。JPM Coinは孤立したネットワークに依存しており、この点において革新的ではないとしています。

仮想通貨リップルを所有しているユーザーは、2タイプ存在します。一つは、リップルを一般社会の取引に使うユーザーです。このユーザーはリップルの迅速にかつ安く取引ができるという特徴を生かして、製品・サービスの購入に利用します。これにより、リップルは一般的な取引において、活用されることになります。

次に、リップルの価値が上がると信じて投資目的で資金を投入しているユーザーもいます。このユーザーは、リップルの価格が十分に上がったところで売却することもできるし保有しておくことも可能でしょう。

このような現象は、JPM Coinのような銀行通貨にはおこりえないです。なぜなら、これらの通貨はことなる銀行間の取引を改善する目的で作られたものだからです。

しかしながら、JPモルガンはリップルユーザーを取り込む可能性があります。リップル社としても、今後も革新的な事業を継続して展開していく必要があるでしょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です