今日の情報が、明日の君をつくる。

米NBAサクラメントキングスがゲームアプリの報酬プログラムに参加|結果を予測し独自トークン獲得

米NBAプロバスケットボールチーム「サクラメントキングス」はチケットプラットフォーム「Blockparty(ブロックパーティ)」と提携し、ERC-20ベースとなる「Kings Token(キングス・トークン)」を発行することを発表しました。このトークンは試合予測アプリに参加することでユーザーが報酬として獲得でき、グッズやチケットと交換が可能な仕組みとなっています。

試合予測アプリの報酬にサクラメントキングスのトークンが追加

10月7日、サクラメントキングスはニュージャージー州を拠点とし、様々な業界のイベントチケットを提供しているブロックチェーンプラットフォーム「Blockparty(ブロックパーティ)」と提携したことを発表しました。

これにより試合の勝敗結果を予測するアプリ「Call the Shot(コール・ザ・ショット)」内にて、2019-2020シーズンまでにサクラメントキングスの報酬プログラムの追加を目指すとしています。

10月25日には報酬としてユーザーに与えられるイーサリアム(ETH)ベースのERC-20トークン「Kings Token(キングス・トークン)」も展開する予定です。この様な報酬プログラムはNBAとしては初となっています。

トークンは無価値|グッズやチケット交換に使用

今回の提携によりブロックパーティのブロックチェーンテクノロジーを用いてコール・ザ・ショットのユーザーのエンゲージメントの追跡が可能になります。そのためサクラメントキングスのアプリ「Golden 1 Center」内のウォレットにポイントが付与されます。

この付与されたポイントに応じてキングス・トークンを報酬として獲得できる仕組みとなっています。

なお報酬プログラムへの登録は無料で、キングス・トークンは他ユーザーへは譲渡が不可となっており、金銭的価値はないものとしています。

ではキングス・トークンはどの様に活用されるかと言うと、サイン入りグッズ、コートサイドチケットなど様々な賞品と交換することができます。

ブロックパーティのCEOであるShiv Madan氏によれば、今後数年間でサクラメントキングスに続いて他のNBAプロバスケットボールチームの参加も期待していると述べています。

サクラメントキングスと言えばNBAの中でも積極的に仮想通貨業界に参入しているチームです。2014年には仮想通貨決済プロバイダー大手「BitPay」と提携し、ビットコイン(BTC)決済を導入していました。

また2018年にはマイニング企業と提携してイーサリアムのマイニングにも着手し、得た資金を慈善団体に寄付する「Mining For Good」も設立しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です