今日の情報が、明日の君をつくる。

ビットコインの生みの親サトシ・ナカモトとは?その正体は誰なのか?

仮想通貨とは、特定の国家によって発行されていない、暗号化されたネットワーク上の資産のことを言います。

そんな仮想通貨ですが、その中でももっとも有名な通貨は何でしょうか。おそらく多くの人が、ビットコイン(BTC)と答えると思います。

仮想通貨の代表格とも言えるビットコインですが、始まりは2009年にネットにて公表された論文でした。論文の執筆者はサトシ・ナカモト。この論文にはビットコインに関する情報やアイデアが集められており、ブロックチェーン技術についても記載されています。今日の仮想通貨・ブロックチェーンの歴史は、その論文から始まったのです。

本記事では、ビットコインの生みの親と呼ばれているサトシ・ナカモトについて解説していきます。

メロスケ

サトシ・ナカモト。名前だけ聞くと日本人男性の様に思えるけど、実はその正体は今も明らかにされていないんだ💦

 

この記事では、ビットコインに隠された大きな謎「サトシ・ナカモト」にまつわる情報をまとめたよ🧐✨

サトシ・ナカモトの論文には何が書いてあった?

サトシ・ナカモトは2009年に「Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System」といったタイトルで論文を公表しました。

サトシ・ナカモトは、相手に直接通貨の送金をしたり、送金履歴の改ざんを防止したりなど、法定通貨ではできないことをビットコインにて実現しようとしたのです。

論文には、ビットコインに関する情報やアイデアが集められており、ブロックチェーン技術についても記載されていました。

論文には、法定通貨ではできないこと(通貨を相手に直接送金したり、送金履歴の改ざんを防止したりなど)を実現するためのアイデアがまとめられていました。

ビットコインの情報交換システムP2P

P2P(ピアツーピア)は、ネットに接続されている端末がサーバを介することなく情報交換を行う通信技術です。それぞれの端末が等しく同じ情報を保管しているので、1つの端末がダウンしても情報が消えることはありません。

サトシ・ナカモトは、この通信技術を利用することで、仲介業者なしでビットコインのやり取りができるシステムを構築しました。仲介が存在しないので、手数料も少なくすみ、送金時間を短縮することができます。

仮想通貨のP2Pとは?ブロックチェーンとの関係を分かりやすく解説

P2Pは「お互いに信頼し相互協力しあって作り出されるネットワーク」で、仮想通貨を支える技術の一つです。

ビットコインの送金情報を監視する仕組み

P2Pシステムを使用することで、ユーザー同士が直接ビットコインをやり取りすることが可能になりました。しかし、ただ情報をやり取りしているだけでは取引情報を改ざんされかねません。ビットコインでは、取引情報はネットワークに繋がっているユーザー同士によって監視されています。このトランザクションを承認する作業はマイニングと呼ばれており、採掘や掘るとも表現されています。

沢山の仮想通貨の誕生により、現在、承認方法にはいくつかの種類があるものの、ビットコインはマイニングによるPoW(プルーフ・オブ・ワーク)といった方法で承認作業を行なっています。

マイニングは、ネットワークに繋がっており適した環境を整えたユーザーなら誰でも参加することができ、膨大な計算をすることでユーザー間の取引情報が正しいのかが判断され、正しければ取引が承認され送金がおこなわれます。

また、一番最初に計算を解いたものがその報酬としてビットコインを受け取ることができるため、多くのマイナーがマイニングに参加しています。

仮想通貨のマイニングっていったい何? 手段や方法をわかりやすく解説

仮想通貨を支えるその他の技術にブロックチェーンがあり、新しい取引を承認する作業は「マイニング」と呼ばれています。

サトシ・ナカモトの正体とは?

ビットコインを生み出したサトシ・ナカモトですが、その正体は謎に包まれています。個人なのか複数人なのか、それとも企業なのかすらも判明していないのです。

サトシ・ナカモトではないか?と言われている人物の1人として、オーストラリア人起業家のクレイグ・スティーブン・ライト氏がいます。

彼は過去に「ビットコインには長い期間に渡って関わってきた」と発言し話題になっていますが、彼が本人だという確証はなく、サトシ・ナカモトである可能性が高い人物は複数人いるのが現状です。

ビットコインの生みの親「サトシ・ナカモト」は未だその正体が明らかになっていません。

まとめ

サトシ・ナカモトですが、その正体は未だはっきりとしておらず、個人なのか複数人なのか、男性なのか女性なのか、それとも企業なのかすらも判明していません。

サトシ・ナカモトは、ビットコインの論文発表後関連ソウトウェアの開発に携わっていましたが、管理権限を他の開発者たちに譲渡し忽然と姿を消してしまいました。他の技術者とビットコインを共同で開発していた時ですら、サトシ・ナカモトは他の技術者と対面で会うことはなく、常に電子メールでやり取りをしていたために、誰も正体を追うことはできません。ビットコインの市場が大きくなった現在でも、謎に包まれた存在であり続けています。

また、ブロックチェーン研究者Sergio Demian Lernerによって、サトシ・ナカモトが保有するビットコインの量は約100万BTCだという推測もなされています。100万BTCは全体供給量の5%に値するため、サトシ・ナカモトは、ビットコインの保有者としても市場の大きなカギを握る存在であるのは間違いないでしょう。

全てが謎に包まれている存在からこの新しい技術が生まれたことは、仮想通貨においての最大のミステリーと言えそうです。

メロスケ

今後もサトシ・ナカモトを名乗る新しい人物が現れることが予想されている一方で、ビットコインの謳う非中央集権的制度を体現するために、本物はあえて名乗り出ないという意見もあるみたい💥

 

サトシ・ナカモトにまつわる話はたくさんあるから、調べてみると面白いよ❣

メロスケ

Merokoではこの記事の他にも、「初心者ガイド」のカテゴリで、仮想通貨初心者の皆さんにブロックチェーンや仮想通貨に関するあれこれを解説しています❣

 

もし分からない言葉があれば、他のページも覗いてみて欲しいな。

皆さんの知識が深まるお手伝いができると、僕も嬉しいです🤗✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です