今日の情報が、明日の君をつくる。

アメリカで初の仮想通貨カフェ「Smart Crypto Cafe」がフロリダにOPEN

フロリダ州ウェスト・パーム・ビーチに、アメリカ初となる仮想通貨カフェがオープンしました。「Smart Crypto Cafe」と名付けられたこのカフェでは仮想通貨決済はもちろんの事、内装もそれに関連した造りとなっており、オーナーは仮想通貨コミュニティがいつでも交流できるような場所にしたいと考えているとの事です。

フロリダ州ウェスト・パーム・ビーチに仮想通貨カフェ

「Smart Crypto Cafe」は米フロリダ州ウェスト・パーム・ビーチのクレマチスストリートにオープンした仮想通貨カフェで、業界コミュニティの交流の場として既に人気スポットとなっています。

共同オーナーのNelson Winter氏によると、仮想通貨決済は可能であるもののそれはあまり重要な事ではなく、コーヒー愛好家、仮想通貨投資家または初心者などが議論を交わし、興味を持ってくれるような交流の場となって欲しいと望んでいます。

Winter氏いわく、訪れたお客の約90%がビットコインBTC)に関する知識や理解を持っておらず、そのため仮想通貨の利点について教育する事に焦点を当てているようです。

これまでの仮想通貨の目標と言えば決済に向けた採用でした。しかし、大幅な価格のボラティリティなどにより、小売業者にとっては損失を伴う可能性があり、いまだ決済手段としては受け入れづらいのが現状といえます。

また、Smart Crypto Cafe内では従来の現金とクレジットカードでの決済も可能です。

インテリアもコンピューターの中を彷彿とさせるデザインに

訪れたお客はカフェ内で必ずしも仮想通貨を使用したり理解したりする必要はなく、敷居は低く保たれています。

共同で設立した地元の事業者によると、カフェの前で興味深そうに立ち止まっている人々が毎日いると明かしています。

内装に至っては、ハードディスク、ファン、チップを模倣したデザインが取り入れられており、天井にはコンピューターの言語である0と1の文字が飾られているというユニークなデザインとなっています。

他にも希望があれば、スタッフがチャートの読み方やデジタル資産と現金の違いについての説明も気軽に行ってくれるとの事です。

また、将来的には店内でビットコインATMや主要アルトコインの購入ができる様になる予定です。このように地域に根差した取り組みは仮想通貨の普及に非常に有効なのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です