今日の情報が、明日の君をつくる。

欧州サッカーチーム大手のS.L.Benfica:ファンのチケットやグッズ購入に仮想通貨決済を受け入れ

ポルトガルのサッカーチーム「S.L.Benfica(SLベンフィカ)」は安全で高速な支払い方法の一つとして仮想通貨でのチケットやグッズ全般の購入を受け付ける事を発表しました。対応通貨はビットコインBTC)、イーサリアムETH)、UTRUST(UTK)となっています。

仮想通貨でサッカー観戦を:S.L.Benfica

サッカー界でも仮想通貨の普及が徐々に浸透しつつあります。サッカーチームの中でも高い知名度を誇りポルトガルに本拠を置くチームSLベンフィカは仮想通貨での決済を受け入れる事を公式に発表しました。

これはイーサリアムベースのトークン「UTK」を発行する仮想通貨決済企業「UTRUST」との提携により可能となったもので、アプリやWebサイトを通じて、ビットコインやイーサリアム、UTKを使ってチケットや洋服など様々なグッズを購入できるようになります。

なお、仮想通貨決済を公式に受け入れた初のヨーロッパサッカークラブとなり、同日に支払われた仮想通貨は銀行に直接送られるため、SLベンフィカが直接受け取る事はありません。

より多くのファンの獲得を可能に

SLベンフィカによると提携したUTRUSTの技術はクラブの仮想通貨決済システムに安全性と利便性をもたらし、即時交換を可能とすると同時に市場の不安定さから保護すると述べ、次の様に付け加えました。

「UTRUSTが仮想通貨での決済ソリューションとしてパートナーとしてスタートする事はクラブのEコマース戦力を進化させグローバルなオーディエンスを獲得できるだろう」

また今回の取り組みで、ポルトガル内外のハイテク支持者や仮想通貨投資家をホームスタジオである「エスタディオ・ダ・ルス」に呼び込む事も期待されています。

同時に、SLベンフィカは世界中で1,400万人のサポーターがいるとされており、CEOであるDomingos Soares de Oliveira(ドミンゴス・ソアレス・デ・オリヴェイラ)氏によればそのサポーターの多くは何かしらのデジタル通貨を使用している事を認識しているとも述べています。

サッカーと言えば世界中でも熱烈なファンが多く、長い目で見れば今回の仮想通貨決済の導入は一般ユーザーだけでなく他のサッカークラブやスポーツ業界、スポーツ関連ビジネスにも普及を促進する可能性が見込まれています。

また、小さいサッカークラブなどの運営にもファントークンを発行するなど、新しい資金調達の手段として仮想通貨が注目されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です