今日の情報が、明日の君をつくる。

スクウェア・エニックスがブロックチェーン技術に高い関心。大手ゲーム会社も参入か?



国内で大手ゲームメーカーのスクウェア・エニックスのCEOである松田洋介氏がブロックチェーン技術に高い関心を寄せていることが明らかになりました。もし、大手ゲームメーカーのブロックチェーンベースのゲームが実現されればゲーム業界、仮想通貨業界に置いても大きな影響を与えることになります。

デジタルコンテンツ分野に応用を

スクウェア・エニックスと言えば国内で人気のRPG、ドラゴン・クエストやファイナル・ファンタジーなど数多くのゲーム作品のヒットを飛ばしている大手ゲームメーカーであることはご存じの方も多いと思われます。

松田洋介社長は投資家向けに寄せた年頭所感の挨拶の中で、新サービス創出への可能性としてVR/AR技術と共にブロックチェーン技術に興味・関心を寄せているとし次のように述べています。

「ブロックチェーン技術も、一時の仮想通貨バブルから落ち着き、仮想通貨のみならず様々な分野に展開をみせています。ゲーム分野においても、ブロックチェーン技術を用いたゲームや、ゲームプラットフォームサービス等の興味深い動きが出てきており、私たちも、今後のデジタルコンテンツ分野におけるブロックチェーン技術の応用に非常に関心をもっています」

仮想通貨業界でもブロックチェーン(dAapps)ベースのゲームの開発も多く見られ、ゲーム内で独自トークンを使用できたり、開発者とプレイヤーが報酬を貰え高値の時にトレードで売買できたりとエコシステムが形成されつつあり相性が良いことが見受けられます。

ゲーム業界とブロックチェーン業界の同盟「Blockchain Game Alliance」

もし、スクウェア・エニックスが本格的にブロックチェーンベースのゲームの開発を始めるとすれば、2018年に結成された「Blockchain Game Alliance」に加入する可能性もあるのでは?との予測が立てられています。

Blockchain Game Allianceはゲーム会社とブロックチェーン企業によって組まれた同盟で、仮想通貨や分散型台帳技術を促進させ、急速な発展を見せるゲーム業界内の様々な問題を解決するべく発足されました。

その中にはUbisoft、Alto、Enjin、Gimli、EverdreamSoftとB2Expandなどが加入しており今後の動向に注目が集まっています。

松田社長はまた、開発中のビデオゲームストリーミング業界への参加に関心を示しており、今年にはブロックチェーンベースのビデオゲームストリーミング開発の検討も期待されます。

スマートフォンの台頭もあり、国内外の大手メーカーの競合は過熱と飽和を繰り広げており、その中でスクウェア・エニックスのようなゲームメーカーがブロックチェーン業界に参入を決めれば他社も追随することも考えられます。

dAppsに使われるような仮想通貨にも特大な実需が生まれる可能性もあり、仮想通貨業界、ゲーム業界共に盛り上がりを見せることもあり得るのかもしれません。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です