今日の情報が、明日の君をつくる。

ステーブルコインは「真の仮想通貨ではない」という主張

Juan Villaverde氏は、2012年から仮想通貨の分析に携わっている計量経済学者で、数学者です。また、Weiss Ratingを作成するチームのアナリストと、プログラマーを率いています。Juan氏がステーブルコインに関する主張について述べました。

なぜWeiss Ratingはステーブルコインを評価しないのか

あなたたちは100以上の仮想通貨を評価するのに、なぜテザー(USDT)などのステーブルコインを評価の対象に加えないのかという質問を私たちはいつも受けます。確かにステーブルコインの価値は安定していると言え、デジタルアセットです。しかし、これらは本当の仮想通貨とはいえません。これが私たちの答えです。

ステーブルコインは、単に特定のフィアットの代理として機能しているデジタルアセットにすぎません。それが安定をもたらしている理由でもありますが、人々が管理をする新たなお金の形ではないからです。

ステーブルコインの仕組み

これがステーブルコインの仕組みです。

1、ステーブルコインの発行者は、一般的にはアメリカドルの場合が多いですが、準備金を用意します。
2、彼らは、保有しているフィアットの額と同じだけ、仮想通貨トークンを発行します。
3、そして、1トークンの価値をフィアットの単位に固定します。トークン自体は、仮想通貨取引所で売買できます。そのトークンがフィアットと交換できる限り、その価値を維持することができます。

本当の仮想通貨は大きく異なります。

本当の仮想通貨は、その価値を直接的にも、間接的にも、いかなる中央集権的な組織にも管理されませんし、没収されることもありません。また、没収される可能性のある準備金にも依存しません。カウンターパーティリスクも存在せず、例え取引所等が破産したとしても、投資家や取引業者は、貧乏くじを引かされることもありません。

これらの特徴が、仮想通貨が実験的であっても、非常に多くの投資家、エンジニア、数学者、そして投機家を魅了してきた理由です。

仮想通貨は、歴史上はじめて、真にデジタルであり、他の資産とは完全に独立して評価されます。

ステーブルコインが必要とされる理由

では、なぜステーブルコインが必要とされるのか?

少なくても現在までのところ、仮想通貨の市場価値は変動が大きく、それが続く限り、多くのdAppsが主流に躍り出るのは難しいでしょう。

例は多くありますが、ビデオストリーミングサービス、シェアリングサービス、ソーシャルメディアのプラットフォームなど、それぞれのサービスを提供する仮想通貨が、最低限の価格安定性を維持できない場合、一般的な利用者はそれらを利用するリスクを負わないでしょう。投機家は、価格の乱高下する仮想通貨に愛憎を感じるかもしれませんが、乗り物のシェアサービスを利用するでしょうか、答えはノーでしょう。

ステーブルコインは、それに対して一時的な解決策を提供するものです。

彼らは、仮想通貨市場が成熟し安定するまで、dApps関係者がよりどころにするものです。そして、それは些細なユースケースではありません。

問題ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)等の仮想通貨とは異なり、ステーブルコインは将来的に支払いを約束するIOUに近いものであるということです。発行者が発行量分のフィアットの保有を怠った場合には、仕組み自体が不透明なものになってしまいます。

されに悪いことに、金融システムが不安定になった場合には、ステーブルコインは一掃されることになります。その点、銀行口座、PayPalアカウント、Apple Payやその他の中央集権的に一元管理されるサービスによく似ており、このような疑問がわきます。

そもそも、分散型台帳をステーブルコインで用いる意味は何ですか、と。

考えてみてください。

ステーブルコインは、本質的には真の仮想通貨と同じ分散型台帳技術を利用しています。しかし、管理者が資産を保持し、トークンをその資産と交換してくれる間だけ、トークンはその価値を維持できます。ステーブルコインを利用する際には、その発行者が約束通り、フィアットで裏付けていることを信用する必要があるのです。

矛盾が見えてきたでしょうか。ステーブルコインが使用する技術は、他人を信頼する必要性が排除される設計になっています。いわゆるトラストレスという概念です。

ですので、このシナリオを想像してみてください。発行者がステーブルコインをフィアットと交換するのをやめるとします。あなたは抗議をするでしょうが、あなたができることは何もありません。フィアットに対するあなたの権利の主張は、突然無効になる可能性があるのです。そして、その時にステーブルコインに残る価値は、あなたがそれを得るために支払った金額に比べれば、微々たるものになってしまいます。

ステーブルコインの安定性は既存のシステムの安定性に過ぎない

こういったことは本当に起こるのでしょうか。

ベネズエラで最近起こったことを考えてみてください。マドゥーロ政権の当局者は、イングランド銀行にあった準備金を引き出そうとしました。しかし、イングランド銀行は、私たちの書類上では、あなたたちはもはや口座の正当な保有者ではない、としてこれを拒みました。

私たちはマドゥーロではありませんが、この事件は、管理下に置かれることの怖さを示しています。資産をカストディアンで保管しているときに、大きな危機が起き、もし彼らがあなたの財産に対する権利を求めなくなった場合、法廷で権利を主張して戦うか、あきらめるしかありません。

最終的には、ステーブルコインはこのような例が起きうるものです。それらは、従来のシステムの安定性を利用しているだけです。長期的には真の仮想通貨のみが、より堅牢で、持続可能な構造になっていることを私たちは主張します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です