1. HOME
  2. Topics
  3. ステラ(XLM)とは?初心者にもわかるStellar

ステラ(XLM)とは?初心者にもわかるStellar


みなさんは「ステラ(XLM)」という仮想通貨をご存知ですが?リップル(XRP)と同じオープンソースコードベースを使用していることで有名で、XRPと兄弟コインであるとも言われています。未来の金融システム開発を行っているということで、XRPと共通点があります。

XLMはアルトコインの一種で、アルトコインを簡単に解説すると、ビットコイン(BTC)の弱点(欠点)を改善しようと試みて開発された仮想通貨となっています。XRPとは兄弟コインではありますが、XRPのトークンというわけではありません。

今回は、XLMの特徴や仕組み、購入方法などについて解説していきます。

ステラ(XLM)の誕生

XLMは、2014年7月31日に取引が開始されました。XLMの開発者は、仮想通貨投資家の方なら誰でも知っているジェド・マケーレブ氏となっています。仮想通貨についてあまり知らない方にとっては、ピンとこない名前だと思われます。

ジェド・マケーレブ氏について簡単に解説すると、2014年にハッキングによって大量にBTCが流出したマウントゴックス社の社長でもあります。取引所のハッキングによって資金が流出した際、「ゴックスする、した」と言われていますが、この取引所の名前が由来となっています。

XLMは、「Stellar Development Foundation(ステラ・ディベロップメント・ファンデーション/SDF)」と呼ばれる団体が運営しています。通貨単位はXLMとなっており、開発当初は通貨の名前通りStellarでしたが、2015年に変更されてXLMとなりました。

ステラ(XLM)の仕組みや特徴

XLMは、初期発行枚数が1,000億枚となっており、毎年1%ずつ発行枚数が増えています。SDFが総発行枚数の5%を保有しており、これらの方法で流通枚数を調整し、価格のボラティリティを抑えて急な価格変動を抑制しています。

そしてXLMの主な特徴ですが、リップル(XRP)の開発に参加していたジェド・マケーレブ氏がXRPに感銘を受けて開発したため、XRPと似た特徴を持っています。XLMは独自のコンセンサスアルゴリズム「ステラ・コンセンサス・プロトコル(SCP)」を採用しており、75%以上の合意が得られなければ承認されない仕組みとなっています。

XRPに比べて少し低めに設定されているため、ハードフォークやソフトフォークといった通貨の分岐が発生しづらくなっています。XLMは「人と銀行、そして決済システムを繋ぐ」をテーマとしている通貨で、主にXRPと似たような機能となっています。他の通貨との両替・国際送金や決済のコスト削減や処理速度の向上を目指しています。

唯一違うのはXRPが企業や団体向けなのことに対して、XLMは個人向けの送金システムとなっています。XRPは企業間などの送金を想定し、XLMは個人間の送金を想定しています。XRPよりも取り扱う額が比較的少額なため、送金処理が早い特徴があります。

まとめ

XRPが目指す決済として秀でた仮想通貨で、実用性の高さから今後価格が上がることを期待されています。日本国内の仮想通貨取引所では取り扱われていませんが、海外取引所であるBINANCEにて取り扱っていますので、アカウント登録をして、国内取引所からBTCを送金し取引しましょう。

XRPが企業など団体の決済に特化した通貨であるのに対し、XLMは個人間の決済に特化した通貨となっているため、送金規模の小ささからXRPよりもさらに送金時間が短縮されるとしています。特に個人が対象なので、投資にとってより実用性のある通貨だということではないでしょうか。


関連記事