今日の情報が、明日の君をつくる。

ステラ(XLM)とは?初心者にもわかるStellar

みなさんは「ステラ(XLM)」という仮想通貨をご存知ですか?

リップル(XRP)と同じオープンソースコードベースを使用していることで有名で、未来の金融システム開発を行っているという面においてもリップルとの共通点を持っています。

ステラはアルトコインの一種で、アルトコインを簡単に解説すると、ビットコイン(BTC)の欠点を改善しようと試みて開発された仮想通貨となっています。前述の特徴からリップルの兄弟コインとも呼ばれていますが、リップル者の発行するトークンではありません。

今回は、ステラの特徴や仕組み、購入方法などについて解説していきます。

ステラの誕生


ステラは、リップルの開発ソースコードをもとに開発され、2014年7月31日に取引が開始されました。開発者は、ジェド・マケーレブ氏となっています。

ジェド・マケーレブ氏は、2014年にハッキングによって大量にビットコインが流出したマウントゴックス社の創業者でもあります。取引所のハッキングによって資金が流出することを「ゴックス」と表す場合がありますが、この取引所の名前が由来となっています。

ステラは、Stellar Development Foundation(ステラ・ディベロップメント・ファンデーション/SDF)と呼ばれる団体が運営しています。通貨単位はXLMとなっており、開発当初は通貨の名前通りStellarでしたが、2015年に変更されてXLMとなりました。

ステラの仕組みや特徴


ステラは初期発行枚数が1,000億枚となっており、毎年1%ずつ発行枚数が増えています。

また、総発行枚数の5%はSDFによって保有されており、価格のボラティリティを抑えて急な価格変動を抑制するために流通枚数が調整されています。

ステラの主な特徴ですが、リップルの開発に参加していたジェド・マケーレブ氏がリップルに感銘を受けて開発したため、リップルと似た特徴を持っています。

ステラはリップル同様に、人と銀行、そして決済システムを繋ぐことをテーマとしている通貨で、他の通貨との両替・国際送金や決済のコスト削減や処理速度の向上を目指しています。

異なる点としては、リップルが企業や団体向けなのことに対して、ステラは個人向けの送金システムとなっているところです。リップルは企業間などの送金を想定していますが、ステラは個人間の送金を想定しています。また、リップルよりも取り扱う額が比較的少額なため、送金処理が早い特徴があります。

また、ステラは独自のコンセンサスアルゴリズム「ステラ・コンセンサス・プロトコル(SCP)」を採用しています。SCPにおいて承認には75%以上の合意が必要となっており、リップルに比べて少し低めに設定されているため、ハードフォークやソフトフォークといった通貨の分岐によるリスクを低減させた仕組みとなっています。

随時更新!ステラの最新ニュース3選

仮想通貨業界には常に新しい動きがあり、毎日様々なニュースが届きます。

プロジェクトの進捗は通貨の価値に大きな影響を与えるため、公式サイトや公式のSNSなどで最新の情報を取得しながら保有することがオススメです。

ここでは以前Merokoで掲載したステラの最新ニュースをご紹介します。

ステラ開発財団:6つの非営利団体へ190万XLMを寄付するイニシアティブを正式に開始、新型コロナウィルス対策

国際送金に特化した仮想通貨リップルとステラ、競合相手は存在するのか?

ライトコイン創設者、ステラの550億XLMバーンについて中央集権化を懸念

まとめ

ステラは高い人気を誇るリップルと同様、決済として秀でた仮想通貨で、実用性の高さから今後価格が上がることを期待されています。

現在日本国内の仮想通貨取引所では取り扱われていませんが、大手海外取引所であるBinanceなど多くの取引所にて取り扱われています。保有を希望される場合は、上場取引所にアカウント登録をして、国内取引所からビットコインなどステラとペアになっている通貨をを送金することでスムーズな取引が可能となります。

リップルが企業など団体の決済に特化した通貨であるのに対し、ステラは個人間の決済に特化した通貨となっているため、送金規模の小ささからリップルよりもさらに送金時間が短縮されるとしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です