今日の情報が、明日の君をつくる。

パリブロックチェーンサミット第2弾が10月18日より開催

パリブロックチェーンサミット(以下:PBS)の第2弾が、2019年10月18日に開催されることが決定しました。各国のインフルエンサーや投資家、企業の代表者などを招き、ブロックチェーンに関連したビジネスについて議論が行われる予定となっています。

2019年2回目のPBSが10月18日に開催

PBSはフランスで開催される、国際的なブロックチェーンサミットの1つです。

フランス国内におけるブロックチェーン業界の活性化を主な目的としており、2019年は1月31日にすでに1度開催されています。

フランスは専用の規制の枠組みと特定の基金によって、ヨーロッパにおけるブロックチェーン開発に重要な役割を果たしています。

第二弾となる今回のPBSでは、フランス国内のブロックチェーン企業はもちろんのこと、各国の投資家やインフルエンサー、中央銀行の関係者、ファーウェイのCTOであるJorge Sebastiao氏、アブダビ首長国のザイド首長なども出席します。

PBSの議題と開催場所

PBSでは、以下のような点に関して議論が行われる予定です。

・規制:トークンの発行などに関するフランス国内の規制について(ICOSTO、IEOなど)
・マーケティング:コミニティマーケティングによる製品の構築や宣伝について
・金融:仮想通貨が既存の金融システムに与える影響について
・サプライチェーン:分散型台帳システム(DLT)をサプライチェーンが利用するメリットについて
・ガバナンス:分散型の管理システムの重要性について

なお、PBSの開催予定地は、結婚式などでも利用されパリの中でも特に人気が高い、「Chalet de la Porte Jaune」となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です