今日の情報が、明日の君をつくる。

スイスのシンクタンク、中央銀行にデジタル通貨「フラントークン」の発行を促す

スイスで最も影響力のあるシンクタンクである「Avenir Suisse」は新たなレポートを発表し、その中で中央銀行であるスイス国立銀行(SNB)に対し国家によるステーブルコイン「フラントークン」を作成するよう促しています。これにはスイスをブロックチェーン国家にすることを目指し、将来的に主要国家へと押し上げようとする狙いがあるようです。

スイス、仮想通貨業界に本格参入か?

キャッシュレス化が進むスイスの大手シンクタンクの1つ「Avenir Suisse」は中央銀行であるスイス国立銀行(SNB)に対し、国家がデジタル通貨を発行することは技術的にも財政的にも素晴らしいとする内容のレポートを発表しています。

このレポートでは、ブロックチェーン技術はスイスを暗黒時代から抜け出させ、近隣諸国との競争を可能にすると示唆しており、これを確実にする方法としてSNBによって管理されたステーブルコイン「フラントークン」の発行を提案しています。

レポートによれば、中央銀行と業界の主要企業がスイスフランのトークンの開発を推進すれば、トークン型証券取引所の促進になるだろうとも述べています。

また業界も新たな高みへと発展し、それに伴いスイスもトークン化された証券取引所のパイオニアとしての地位を確立すれば、現在小規模である資本市場も拡大するだろうと予測しています。

中央集権化の懸念も

Avenir Suisseはスイスが新しい技術を柔軟に導入することでブロックチェーン国家へと代わり、近隣諸国が追随するだろうと見越しているものの、SNBによって管理されたコインとなれば中央集権化が懸念されます。

これは本来の仮想通貨の理念や目的とは反するものとなります。SNBによって管理されたコインには、金融の分野において信用のない人々、または銀行口座を持っていない人々はアクセスできない可能性が考えられるからです。

一方でAvenir Suisseは仮想通貨とブロックチェーンの規制の必要性を強調しており、出来るだけ早く法律をこれらの技術に適合させる必要があるとしていますが、SNBは依然として中立的な態度を取っています。

また、スイスはこれまでブロックチェーンに関する実験を政策として進めていますが、開発において次の一歩を踏み出しクリプトバレーから本格的なブロックチェーン国家へと代わるようレポート内で促しています。

中央集権化の懸念はあるといえど、国によるステーブルコインの発行が実現されれば非常に興味深いユースケースであるといえます。利便性が立証されれば他国も導入を検討すると思われ、仮想通貨業界にどのような影響をもたらすのか注目といえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です