今日の情報が、明日の君をつくる。

知らないふりはできない!仮想通貨にかかる税金とは?計算方法や対策をわかりやすく解説!

仮想通貨では一定額の利益が発生すると利益に対して税金がかかります。

仮想通貨を保有しているだけであれば、税金が発生することはありません。 しかし、売却したり他の通貨に交換、または商品決済などに利用することで利益確定扱いとなり、税金が発生する仕組みになっているのです。

2017年12月には仮想通貨で得た利益は雑所得に分類されることが金融庁より発表されました。知らなかったでは済まされない仮想通貨の税金、一体どのような内容になっているのでしょう。

本記事では、仮想通貨取引で発生する税金に関して解説していきます。

メロスケ

よくゴリ師匠が「いくら稼ぐかよりもいくら残すのか」って発言しているよね🌟

 

仮想通貨の取引と税金は切ってもきれない関係❣この記事では、そんな税金の計算方法や基本的なルールについて解説していくよ❣

仮想通貨にかかる税金とは?

仮想通貨取引では、20万円以上の利益を出すと、利益に対して「所得税」がかかる仕組みになっています。実はこの20万円という金額ですが、夫や妻、両親などの扶養になっている場合は金額が変わるのです。

例えば、あなた自身が学生や主婦(主夫)で、誰かの扶養となっていると過程します。

仮想通貨の取引などで33万円以上の利益が出た場合、それ以上の利益に対して所得税が発生します。

所得税の種類は、以下のように分類されています。

仮想通貨取引にて発生した利益は「雑所得」

勤務先から受け取る給与や賞与は「給与所得」

株式投資取引で発生した利益は「譲渡所得」

不動産の貸付などで生じる所得は「不動産所得」

所得税に一定額の控除があること、そして、その控除額には違いがあることを覚えておいてくださいね。

仮想通貨は、所得税の中でも「雑所得」に分類されます。

仮想通貨の税金を計算するには?

 
雑所得に分類される仮想通貨の利益ですが、一体どのようにして計算するのでしょうか。

ここからは、税金の計算方法を解説していきます。

まず、雑所得は「総合課税」の対象となっており、給与所得といった他の所得と合わせて計算することで税率が決定します。そして、所得税は合計金額に応じて税率が変動する「累進課税」となっており、最高税率が45%となっているのです。そして、所得税は「住民税」の10%と合算するので、最大55%の税金が発生することになります。

そんな累進課税による税率ですが、以下のように変動します。(所得税の合計金額をαとする)

【変動する累進課税による税率】

 

195万円 ≧ αの場合、5%で控除額は0円
195万円 < α ≦ 330万円の場合、10%で控除額は97,500円
330万円 < α ≦ 695万円の場合、20%で控除額は427,500円
695万円 < α ≦ 900万円の場合、23%で控除額は636,000円
900万円 < α ≦ 1,800万円の場合、33%で控除額は1,536,000円
1,800万円 < α ≦ 4,000万円の場合、40%で控除額は2,796,000円
4,000万円 < αの場合、45%で控除額は4,796,000円

確定申告時に支払う所得税は、仮想通貨で発生した利益 + その他所得 – 控除額の計算式で求められます。

仮想通貨の税金を計算したら確定申告っていつするの?

 
仮想通貨取引で発生した利益を合算し、他の所得との合算も完了しますと、いよいよ確定申告となります。

会社員や個人事業主の方は、期限内に確定申告書を作成し提出する必要があります。確定申告の期限について押さえておきましょう。

確定申告は、毎年2月16日〜3月15日まで、市役所などの営業時間内に行います。また、15日が土日や祝日の場合は、次の営業日が期限となりますので注意が必要です。

確定申告は毎年2月16日〜3月15日まで、市役所などの営業時間内に行います。

仮想通貨の税金を支払わなかったことが発覚した場合

 
仮想通貨の取引は、取引所にて気軽に行うことができます。

個人情報を入力し、本人確認書類を提出、あとは日本円を入金して仮想通貨を購入するだけ。一時期は、寝ているだけでお金が増えたと言われるほど、何もする必要なくお金を増やすことができました。

そんな仮想通貨ですが、もちろん寝ているだけで確定申告をしてくれるわけではありません。 面倒だし、少しならバレないと思う方も中にはいらっしゃることでしょう。しかし、万が一確定申告漏れが発覚した場合、無申告加算税と呼ばれる延滞金のようなモノが発生する可能性もあります。申告漏れの金額によっては、国に悪意があると判断され重い罪に問われる場合もありますので、必ず確定申告を済ませておきましょう。

現在は仮想通貨の確定申告に関するサービスも充実しているため、以前よりも確定申告が気軽にできるようになりました。

例えば、Tax-Concierge(タックスコンシェルジュ)は手数料一切不要の税理士紹介サービスとなっており、お客様の相談や要望に合わせて税理士と交渉する専任のコンシェルジュに、税理士が必要かどうか、どんな税理士が最適かなど、丁寧にサポートしてもらうことができます。

これまで仮想通貨関連の問合せに200件以上の対応実績があり、人気のある税理士紹介サービスです。

【Tax-Concierge】
https://partner.tax-concierge.net/crypto-asset/

申告漏れの金額によっては重い罪に問われる場合もありますので、必ず確定申告を済ませておきましょう。現在は仮想通貨の確定申告に関するサービスも充実しており、そういったサービスを利用することもオススメです。

まとめ

税金の確定申告は複雑でよく分からないというのが投資家の本音です。しかし、面倒であっても、投資などの取引はなるべくExcelなどでまとめるようにすることをオススメします。

それでも「確定申告がややこしい!どうすれば良いのかわからない!」という方は、確定申告を行ってくれるサービスをご利用することもオススメです。現在では、確定申告に関するサービスが増えてきているため、一人で悩む必要はありません。

申告漏れには大きなリスクが伴いますので、確定申告は必ず行うようにしましょう。

メロスケ

Merokoではこの記事の他にも、「初心者ガイド」のカテゴリで、仮想通貨初心者の皆さんにブロックチェーンや仮想通貨に関するあれこれを解説しています❣

 

もし分からない言葉があれば、他のページも覗いてみて欲しいな。

皆さんの知識が深まるお手伝いができると、僕も嬉しいです🤗✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です