今日の情報が、明日の君をつくる。

仮想通貨ウォレット企業Blockchain.comが高速仮想通貨取引所「The PIT」を立ち上げ

仮想通貨ウォレットのプロバイダー「Blockchain.com」が独自の仮想通貨取引所「The PIT(ザ・ピット)」を立ち上げた事を発表しました。ザ・ピットは1秒当たり数百万の注文を処理でき、従来の取引所よりも高速な取引を実現します。現在200ヶ国以上で利用可能であるものの日本はサービス対象外となっています。

最大のウォレット企業、取引所を開設

世界最大級の仮想通貨ウォレットプロパイダーであるBlockchain.comが仮想通貨取引所ザ・ピットを設立しました。

公式ブログによれば、ザ・ピットでは1取引あたり40~50マイクロ秒で処理が可能となっており、1秒で数百もの売買注文を実行できるとしています。これにより、従来のどの取引所よりも信頼性の高い高速取引をユーザーに提供できると主張しています。

なお7月30日から登録を受け付け、200ヶ国以上で利用可能となっていますが日本はサポート対象外となっています。

ユーザーは自身の銀行口座とBlockchain.comのウォレットを紐づければ、ドル・ユーロ・ポンドの3種類の法定通貨で仮想通貨取引と入出金が可能になります。

また取引可能な仮想通貨は現時点で

ビットコインBTC
イーサリアムETH
ライトコインLTC
ビットコインキャッシュBCH
テザーUSDT
・パクソス・スタンダード(PAX

が発表されており、今後2週間以内には26種類の仮想通貨をサポートするとしています。

従来の取引所による対応の不満が設立の背景に

Blockchain.comによればザ・ピット設立の背景には、従来の取引所の「ユーザーが自身で秘密鍵を保管するのではなく取引所に資産を委ねる」とした仕組みが信頼性の低下を招いているためであると主張しています。

また、非流動的で取引所との不公平なやり取りに不満が募っていたとも明かしています。これまで、ユーザーが資産を預けても引き出す事ができなかったりサポートチケットを送っても無視されるという事例が数々の取引所で発生していました。

他にも重要な瞬間に注文が約定しなかったりアカウントのハッキングなども相次いでおり、これらユーザー共通の不満点を解消し、喜んで使ってもらえるような仮想通貨取引所を作ろうと思い至ったとしています。

もしこのような問題点を解決し高速取引が可能な仮想通貨取引所を実現するのであれば、個人投資家だけでなく機関投資家の参入が期待されます。そのため市場の活性化にも繋がると言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です