今日の情報が、明日の君をつくる。

【初心者向け】仮想通貨トレードを始めるにあたり重要な3つの戦略

現在ビットコイン(BTC)の価格が上昇し、仮想通貨市場に再び注目が集まっています。一定の利益を得るために様々な手法が存在しますが、この記事では仮想通貨トレーダーに人気のある手法をいくつか紹介していきます。

1.アービトラージ

アービトラージ(裁定戦略)とは複数の取引所の価格差を利用して利益を上げる戦略で、仮想通貨市場でも最も人気のある戦略の1つです。安い価格の取引所で購入し、高い価格の取引所に送金して売却するだけなのでシンプルかつリスクの少ないものとなっています。

例えばCoinbaseではビットコイン(BTC)の価格が11000ドル(約116万円)で、Binanceでは11150ドル(約117.5万円)で取引されているとします。

なのでCoinbaseでビットコインを購入し、Binanceへ送金し売却するだけで差額分の利益を上げることができます。このように取引所の価格差を利用した手法でリスクも少ないですが、送金が混雑しているとその間に価格差も埋まったりと変動するデメリットがあります。

2.スイングトレード

スイングトレードとは対象の銘柄を数日~数週間で売買する方法で、頻繁に使用される手法の1つです。ボラティリティの高い仮想通貨市場では特に適しているといえます。

上昇相場の場合、積極的に上下に変動するため頻繁に取引の機会があることを意味しますが、市場がいつ上昇または下降に転じるかを判断する必要があります。しかし1日で何度も売買を終わらすデイトレードとは違うため、戦略を練る時間を十分に確保できることから、仕事の合間でも活用できる方法と言えるでしょう。

また現在はシグナルや自動売買ツールなども多く出回っていますが、購入の際には本当に有効か注意が必要です。

3.ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ分析とは株式市場などでは通常、経済情勢や要人発言などのニュースなどを元に分析する手法です。また投資対象となる企業銘柄の業績・財務状況、株価収益率など様々な情報を判断していきます。

仮想通貨市場ではこれが企業の開発アップデートやイベントなどが該当します。例えばビットコインでは半減期、イーサリアム(ETH)だと大型アップグレードETH2.0が該当します。

これらの実施日をもとに、現在価格に反映されていない銘柄を購入し十分に上昇したところで売却する方法となっています。一方価格に反映されない場合もあるので注意が必要です。

これら紹介したトレード戦略はほんの一部ですが、初心者でも取り入れやすくまた時間が取れない場合でも利益も上げやすいものとなっています。ぜひ自身にあったトレード方法をはやく見つけ実践していきましょう。