Merokoのサイトをリニューアルしました!

トロン(TRX)とは?初心者にもわかるTron

みなさんは「トロン(TRX)」という仮想通貨をご存知ですか?TRXは大手海外仮想通貨取引所であるBINANCEにてICOが行われ、即完売したことで有名な仮想通貨です。

TRXはアルトコインの一種で、アルトコインを簡単に解説すると、BTCの弱点(欠点)を改善しようと試みて開発された仮想通貨となっています。TRXでは、非中央集権であり世界規模のエンタメプラットフォームを開発することを目指しています。

今回は、TRXの特徴や仕組み、購入方法などについて解説していきます。

トロン(TRX)の誕生

2017年、元リップルXRP中国地区代表であるジャスティン・サン氏によって開発された仮想通貨となっています。TRXはトロン財団によって開発が行われており、ジャスティン・サン氏は財団のCEOでもあります。

さらに音楽ストリーミングサービス「PEIWO」を運営している企業のCEOでもあり、PEIWOではTRXによる決済が導入されています。TRXのICO(企業の資金集め)は、世界的に有名な海外仮想通貨取引所BINANCEにて行われました。

世界最大規模のマイニング企業であるBitmain社CEOであるジハン・ウー氏がICOに参加していたこともあり、わずか30秒でICOは完売しました。そんなTRXは、音楽や絵などのクリエイターのために発行された通貨となっており、新人クリエーターなどを支援する社会を構築するために開発されています。

次にTRXの、特徴や仕組みについて解説します。

トロン(TRX)の特徴と仕組み

トロン財団CEOであるジャスティン・サン氏により発行された仮想通貨TRX、TRXはイーサリアムをベースとして作られたイーサトークンとなっており、ERC20の規格を採用しています。ERCはイーサトークンの規格名で、同じ機能をベースとすることで管理しやすくするなどといったメリットがあります。

そんなイーサトークンであるTRXは、発行上限枚数が1,000億TRXとなっています。コンセンサスアルゴリズムはBTCと同じく「Proof of Work(プルーフオブワーク/Pow)」を採用しており、新規ブロックの生成速度は15秒間隔となっています。

時価総額は全仮想通貨の中でもトップ10に入るほどの人気ぶりで、今後、生放送を行ったり絵や音楽をアップできる配信サイトの類で、利用されることが期待されています。

まとめ

TRXは、音楽や絵などの作品を配信するサービスを提供しているサイトにて、クリエイターを支援するために利用されることを目的としています。現状のYouTubeのような広告収入では、タイトルで再生数を稼ぐ釣り動画などをアップロードしてしまえば稼ぐことができてしまいます。

釣り動画は検索妨害だけでなく、コンテンツやサービスの質を著しく下げてしまいます。ですのでTRXは現状の改善と、パフォーマンスに対してしっかり報酬が支払われるような仕組みを作るために開発されました。

今後もより多くの企業と提携し、TRXを使用することができるサイトを増やしていくため、TRXの価格価値にとって好材料となり価格が上昇する可能性もあります。ですので、トロン財団の動向に注目することをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です