今日の情報が、明日の君をつくる。

トロン、サムスンやOperaのサポートでアカウント数が400万を突破

中国発の仮想通貨であるトロン(TRX)のアカウント数が、400万を突破しました。サムスンとウェブブラウザOperaのそれぞれのウォレットで、トロンが追加されたことが要因となっているようです。

トロン、サムスンやOperaのサポートでアカウント数が400万を突破

トロンはイーサリアム(ETH)と同様に、プラットフォーム内でのアプリケーション開発を目的として発行されました。

ここ最近では、韓国電子機器大手のサムスンとウェブブラウザのOperaが、提供するブロックチェーン開発ツールやウォレットでのトロンのサポートを発表したことでも話題を集めました。

トロンの追跡アカウントである「TRONSCAN」によると、こうしたサポートもあってかトロンのアカウント数は大幅に増加し、2019年11月4日に400万を突破したようです。

ただし、ネットワーク上でほとんど使われていないアカウントや、複数アカウントを保有しているユーザーの割合などは示されていません。また、これらのアカウントを識別し割合を出すことは、現状では難しいと考えられています。

サムスンとOpera、2つのサポートの詳細

サムスンはブロックチェーンの開発キットである「Keystore」を提供しています。

Keystoreを利用することで、ユーザーがプライベートな情報を自分で管理することができる他、トロンを含む各種dApps(分散型アプリケーション)へのアクセスも可能となります。

Keystoreでのトロンのサポートが発表されたことで、価格も一時的に5%を超える高騰を見せました。

ウェブブラウザであるOperaは、ノルウェーのソフトウェア開発会社であるオペラ・ソフトウェアによって開発されました。

トロンに対応したことで、アンドロイドのデバイスからトロンのdAppsへのアクセスも可能となっています。