今日の情報が、明日の君をつくる。

アラブ・マネーが仮想通貨市場に流れ込む?英コンサル会社CEOが機関投資家の大規模な参入を予想

deVere Group社のCEO兼創設者のNigel Green氏によれば、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ国際金融センター(DIFC)地域内にて、フィンテック企業の登録数と仮想通貨の採用が増加傾向にあると伝えています。そのため機関投資家に対する準備が整い、資金流入が見込まれると予測しています。

アラブで機関投資家が参入か?

100ヵ国以上、8万人のクライアントから100億ドル(約1兆1千万)の資産を運用している国際金融コンサルタント会社「deVere Group社」のCEO兼創設者のNigel Green氏は、地元の大手メディアKhaleej Times紙に「アラブ首長国連邦(UAE)の仮想通貨需要は急速に拡大する」としたレポートを寄稿しています。

その中では、機関投資家の参入が予想される背景としてUAE内で起きている2つの事例を紹介しています。

第一に首都ドバイの臨海にある金融自由地域「ドバイ国際金融センター(DIFC)」にて開催されたイベント「Lendit Fintech USA 2019」によって国内の仮想通貨に対する熱意が高まり、フィンテック企業が参入するための包括的な枠組みが定められたことをあげています。

さらに、DIFCに登録された主要フィンテック企業は昨年末に比べ3倍の100社を超え、準備が整いつつあるとしています。

UAEでの仮想通貨取引量が増加傾向に

第二の事例として、UAEでの仮想通貨取引は継続的な増加を見せており、今では2億1千万ドル(約229億円)を記録。トランザクション数はイギリスと中国を抜き去りつつあると報告しています。

そのため、急速な拡大を見せる仮想通貨に対する制度が定められれば機関投資家の大規模な参入が見られ、ドバイおよびUAE国内全体で仮想通貨業界はさらなる盛り上がりを見せることが予想されると伝えています。

また、機関投資家の参入は今年末から2020年始めであるとし、傍観者から脱却する準備を始めるが高まってきているとの持論も展開しています。

さらに今後の予想として各国のデジタル化の波も後押しし、仮想通貨が未来のお金になると認識しているとも付け加えています。