今日の情報が、明日の君をつくる。

英国の仮想通貨規制は経済を発展させることができるのか?最新の情報は?

イギリス政府は仮想通貨に対し肯定的な姿勢を持っており、将来の経済発展を見越し積極的に規制を定めようと模索しています。明確なガイドラインはまだありませんが、歳入関税庁(HMRC)によれば、投資家や関連企業に対し税金に関する概要を作成しており、人々が安全にアクセスできるよう取り組んでいます。

仮想通貨を支持する英国

仮想通貨に対し肯定的な姿勢を取っている国と言えばイギリスが挙げられます。

政府は国内に支持する文化を育もうと、世界でも数少ない本格的なブロックチェーン研究プロジェクトを立ち上げていることでも知られています。

しかし、安全で合法的な仮想通貨およびブロックチェーン産業を扱うフィンテックハブとしての地位を確立しようとしている一方で、イギリス政府および中央銀行であるイングランド銀行は、ポンドを通じソブリンマネーのコントロールを維持したいとも考えています。

またブレグジットの問題を抱えており、仮想通貨やブロックチェーンに関する取り組みによって経済が不安定となることも懸念されています。そのような背景から、仮想通貨だけに関して言えば寛容ではあるものの、法定通貨の力も信じているため、今後の取り組みが独自のステーブルコイン採用に留まる可能性もあると見られています。

最新の仮想通貨規制に関する情報

いずれにせよ、イギリスは仮想通貨に肯定的であり、ビットコイン(BTC)などが繁栄していくことは可能だと見越していることは間違いないでしょう。

現在のところ仮想通貨に関する明確な法律は存在してはいませんが、最近では資産保護のために、金融行為規制機構(FCA)が個人向け仮想通貨デリバティブ商品の禁止を検討するなどの案が出ています。

2020年初頭にも方針を決定する予定となっており、ナスダックやインターコンチネンタル取引所、スイス・香港証券所らが所属する「国際取引連合(WFE)」は発展を妨げるとして禁止を取り消すよう勧告を出していますが、最終決定権はFCAに委ねられています。

また、イギリスの仮想通貨取引所には登録が必須であり、歳入関税庁(HMRC)が作成した最新の報告書によると、投資家や取引所・決済処理企業に向けた、仮想通貨による所得の税上の扱いが説明されています。

今後税法が明確化されれば、イギリス国内の投資家らは保有する仮想通貨に対しての正しい税金を収めることが可能になります。また、規制により今以上に安全な環境で仮想通貨を利用することができます。

イギリスで規制が定まることによりヨーロッパ全体での採用が促進されることも予想され、デジタル化に向けさらに経済が発展すると期待されています。