1. HOME
  2. Topics
  3. テザー(USDT)とは?初心者にもわかるTether

テザー(USDT)とは?初心者にもわかるTether


みなさんは「テザー(USDT)」という仮想通貨をご存知ですが?他の仮想通貨とは違い、USDTは法定通貨である米ドルと価格価値がほぼ同じとなるように価格が固定された仮想通貨です。

BTCの弱点(欠点)を改善しようと試みて開発された、イーサリアムやライトコインなどといった、アルトコインとは違った特徴を持つ仮想通貨です。今回は、そんなUSDTの特徴や仕組み、購入方法などについて解説していきます。

2015年2月、USDTはTether Limitedが運営・発行する仮想通貨です。Tether社はアメリカと香港にオフィスを持ち、CEO はジャン・リュードヴァイカス・ヴァン・デァ・ヴェルデ氏となっています。

USDTの特徴は後ほど解説しますが、簡単に説明すると法定通貨である米ドルと、価格が同じになるように固定された「ペッグ」通貨です。

次は、USDTの特徴や仕組みについて解説していきます。

テザー(USDT)の特徴や仕組み

USDTは、主要なアルトコインなどと違った特徴を持っており、主な特徴は1USDT≒1USDとなるように固定されていることです。価格を固定する仕組みですが、USDTは「Proof of Reserves(プルーフオブリザーブ/PoR)」というシステムを採用している点にあります。

PoRは新規通貨発行システムと呼ばれており、テザー社に米ドルを入金することで、同量のUSDTをテザー社が新規発行する仕組みとなっているのです。入金された米ドルはテザー社にプールされ、出金する際は入金とは逆に、USDTをテザー社に入金すると米ドルを出金することができます。同量の米ドルとUSDTを出し入れする仕組みにすることで、市場に出回るUSDTとテザー社がプールしているUSDTの量を一定にしています。

そうすることで、米ドルとUSDTの価格をほぼ同等に保っています。テザー社は自社の信頼とテザーの価格価値証明のために、毎月プールしているUSDTの量を公開しています。そしてUSDTは仮想通貨でありながらも、テザー社が管理しているため、非中央集権という仮想通貨のメリットを放棄しています。

そんなUSDTの価格ですが、米ドルとの価格差は2%ほど乖離しています。2%ほどなので、それほど乖離しているとは言えないでしょう。ですので、他の仮想通貨に比べてより「通貨」らしい通貨となっており、決済手段として有力な仮想通貨の一つとなっているのです。

一時的に、仮想通貨に入れている資産を逃がしたりする際によく利用されており、仮想通貨のハードフォークによる価格の急騰急落を回避する手段とされています。米ドルと価格がほぼ乖離していないペッグ通貨となっているので、海外仮想通貨取引所では基軸通貨としてよく使用されています。

テザー(USDT)のデメリット

USDTは価格が安定しているペッグ通貨で様々な方法で利用されていますが、中央集権となっていることでデメリットが存在するのです。それは、テザー社が管理・発行している点にあります。

BTCや主要のアルトコインは、中央管理者がいない非中央集権型となっているため、運営・管理者が機能しなくなり価格がゼロになるというリスクが存在しません。しかし、USDTはテザー社によって管理・運営されているため、テザー社内部でUSDTを横領などという事態に陥ると、価格がゼロになるリスクがあります。

まとめ

法定通貨である米ドルと価格が固定されており、連動しているUSDT。通常の仮想通貨は、価格の急騰急落が激しいため通貨としての存在に疑問を持たれがちです。しかし、USDTは法定通貨と価格が連動しているため、それほど価格変動しません。

ですので、USDTは決済手段としてや仮想通貨取引所で基軸通貨として利用される機会が増えると予想されます。そんなUSDTを取引するには海外取引所を利用する必要があるため、国内取引所でアカウントを登録し、BTCを購入して海外取引所に送金しましょう。


関連記事