今日の情報が、明日の君をつくる。

2021年第1四半期のVCマネーは仮想通貨業界に軍配、関連企業は26億ドルを調達。CB Insights社レポート

2021年に入り、暗号資産(仮想通貨)市場は値上がりだけでなくDeFiやNFTなどの分野で盛り上がりを見せています。第1四半期だけでも仮想通貨・ブロックチェーン企業はベンチャーキャピタルから26億ドル(2876億円)もの資金調達に成功していることが分かりました。

資金調達額、2020年をすでに超える

テックマーケットインテリジェンスプラットフォームであるCB Insights社が公開したレポートによれば、2021年第1四半期に129を超えるブロックチェーン・スタートアップ企業が、ベンチャーキャピタルファンドから26億ドル(2876億円)の投資を受けていることを発表しました。

この数字は341社のブロックチェーン・スタートアップ企業が、23億ドル(約2545億円)を調達した2020年一年間の数字をすでに上回っており、驚異的であることがうかがえます。

CB Insights社は資金調達額の増加理由として、主にビットコイン(BTC)が最高値を更新したことで、企業のバイヤーや個人投資家が増えたことを挙げています。

機関投資家からのビットコイン需要が高まりを見せるなか、3月には仮想通貨金融サービス会社NYDIGがモルガン・スタンレーとソロス・ファンドから1億ドル(約110億円)の資金調達に成功しました。

またデジタルアート市場が脚光を浴びたことにより、NBAトップショットのクリエイターであるDapper Labs社は3億500万ドル(約337億円)、NFTマーケットプレイスのOpenSea社が3500万ドル(約39億円)を調達しています。

機関投資家の需要、大幅減少の指摘も

年明け早々、好調なスタートを切った仮想通貨市場ですが急成長が持続するかどうかは不透明で3月以降、盛り上がりは少しずつ落ち着きを取り戻しています。

デジタル資産投資会社CoinShares社のレポートによれば最近の市場の乱高下を受け、ビットコイン金融商品への機関投資家の資金流入が3月下旬に60%近く減少、需要が大幅に減少したと指摘しています。

また2月に投機的なブームが起きたNFT市場もNonFungible社によれば、3月25日から4月1日の間に各マーケットプレイスで販売されたNFTの1日あたりの平均価値は85%減少、特にDapper Labの「NBA Top Shot」についてはNFTの流通総額は、セカンダリーマーケットの需要が弱まったことにより、50%も減少したと報告しています。

このような懸念材料はベンチャーキャピタルファンドのさらなる投資を思いとどまらせる可能性がありますが、ビットコインは企業からもリスクオンのインフレヘッジの一環として認識されつつあります。

また機関投資家にとっても、ビットコインが以前よりも価値の保存手段として興味深い投資資産になっていることは間違いなく、参入のタイミングを見計らっていると予想されます。