今日の情報が、明日の君をつくる。

仮想通貨取引所Vertex、アルトコインを最高値で売買できるグローバルプラットフォームをローンチ

2020年10月20日、仮想通貨取引所のVertex Exchangeは仮想通貨投資家がアルトコインを市場最高値で売買できる取引プラットフォームを、正式にローンチしました。

新メカニズムの取引所がローンチ

ローンチされたVertex Exchangeは、自社発行のトークンVertex Token(VTX)を用いて世界中のアルトコインコミュニティを統合し、世界をリードする取引プラットフォームになることを目指しています。

Vertex Exchangeのコンセプトは様々な市場の全てのトークンは、金銭的価値があり取引可能だとし、1つの統一されたプラットフォーム上でトークンを交換して取引を行い、仮想通貨コミュニティが連携できるよう考案されました。

そのため承認されたERC20トークンであれば、独自プラットフォーム内にてそれぞれ史上最高価格(ATH)でVertex Tokenに交換でき、価格の安定性と流動性を確保することができます。Vertex Tokenは独自の取引システムを介して販売することで、ユーザーは収益化することが可能となります。

Vertexの特徴とは?

仮想通貨市場は非常に不安定であると言われています。特にアルトコインは取引所ごとに価格差も開き、リーマンショック級のような大幅な下落も珍しくありません。また下落すればピーク時の価格の何分の1にも落ち込み、回復が難しいものとなっています。

Vertex Exchangeではこの問題点を解決できるよう、ユニークな取引メカニズムを採用しトークン保有者がより高い価値でマネタイズでき、損失を取り戻せるよう取り組んでいます。

特徴の1つとして挙げられるのが、ユーザーが日々のタスクに参加すればインセンティブを獲得できる「automated market(自動市場)」があります。これは買い注文が実行されるたびに、あらかじめより高い価格でVTXの売り注文を自動的に作成するよう設定されています。

これはVertex Exchangeに上場するトークンが増えれば、VTXの価値も高まり、需要と取引量が増加することにも繋がります。

またユーザーおよび仮想通貨コミュニティは、推薦するERC20トークンを投票することにより、上場させることができます。一方、アクティブなトレーダーはプラットフォーム内の取引手数料の一部を報酬として受け取ることも可能となっています。

Vertex Exchangeの経営陣は人気トークンの大規模なコミュニティを誘致することを目標としており、ユーザーとのエンゲージメントを高め投資家の期待に応えるものになると自信をのぞかせています。