今日の情報が、明日の君をつくる。

米大手仮想通貨取引所Coinbase、仮想通貨決済が可能なVISAカードを発行

米仮想通貨取引所のCoinbase(コインベース)は、仮想通貨決済や引き出しが可能なVISAデビットカードの発行を発表しました。同取引所で扱っているビットコインBTC)や主要アルトコインが対応となり、現在イギリスでのみ利用が可能との事です。

「Coinbase Card」発行

米大手仮想通貨取引所であるコインベースが、VISAで仮想通貨決済ができるデビットカードを発行しました。

このVISAデビットカードは「Coinbase Card」と呼ばれ、顧客がコインベースに預けた資産と紐づいており、まずはイギリスの店舗やオンラインショップで利用可能となります。なお、カードにはPINによる暗証番号、マイクロチップが備わっており、ATMにて法定通貨の引き出しも可能で、利用時には仮想通貨からGBP(英ポンド)へと即座に換金される仕組みとなっています。

対応通貨は下記の通りです。

・ビットコイン(BTC)
イーサリアムETH
リップルXRP
ライトコインLTC

コインベースの公式ブログでは次の様に述べています。

「イギリスにおいては仮想通貨取引所と直接リンクできる初のデビットカードとなり、このカードを利用することで、ユーザーは自身のコインベース口座内の資産を直接使用する事ができます」

アプリ版も同時リリース

コインベースは、ユーザーが自身の資金残高をより管理しやすくするために、iOS版とアンドロイド版の「Coinbase Card」アプリも立ち上げています。

アプリをダウンロードし、コインベースのアカウントをカードと紐づける事で、ユーザーはカードでの支払いを即座に利用できるとの事です。

今回のCoinbase Card発行について、コインベースの公式ブログでは、ビットコインで食事が出来たり、イーサリアムで電車賃を払ったりできるなど、仮想通貨の利用で日常の生活がより便利となる事をアピールしています。

同アプリは、即時領収書、取引履歴、支出履歴なども確認できるものとなっています。コインベースがサポートしている仮想通貨は全て利用できるとも述べられているため、今後新たな仮想通貨が上場すればそのコインもカードで利用できる事が予想されます。

なお、本カードの発行を記念し、最初の1,000人の申込者には発行手数料を免除する事も明らかとなっています。

今の所日本でのサービスの予定はありませんが、今後数か月で、イギリスの他にヨーロッパ諸国でも展開できることを目指している事も明らかにされています。

コインベースは厳しい規制に準拠している仮想通貨取引所として知られており、企業としての信頼性も高いと言えます。現在はイギリスでのサービスとなりますが、信頼に値する企業の新たなサービスが、今後日本でも利用できるよう働きかけてくれる事も望まれます。同社の今回の取り組みが、仮想通貨の普及に大きく貢献すると期待されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です