今日の情報が、明日の君をつくる。

大手決済企業Visaがブロックチェーン技術を一部活用した国際決済システム「Visa B2B Connect」を発表

決済サービスVisaがブロックチェーンを活用した国際決済プラットフォーム「Visa B2B Connect」をローンチした事が明らかとなりました。これまで小規模な送金においては仲介銀行を介していましたが、これは直接の送金を可能にするなど国際送金の簡素化を図ったものとなっており、オープンソースの「Hyperledger Fabric(ハイパーレジャー・ファブリック)」が採用されています。

Visaが国境間支払いの簡素化にブロックチェーンを活用

米大手決済企業Visaは、ブロックチェーン技術を一部採用した企業向けとなる国際決済プラットフォーム「Visa B2B Connect」をローンチした事を発表しました。これにより世界中の金融機関の国際送金における手間とコストをより削減できるものとなっています。

従来の銀行間における少額送金においては、仲介役となるコルレス銀行を挟む形となり時間と手数料が掛かる形となっていました。今回ローンチしたプラットフォームでは少額の送金も仲介業者を通さず直接の送金が可能となっています。

またブロックチェーン技術を活用しているためこれまでよりも速い送金とコスト削減が見込まれています。

このプロジェクトは2016年から立ち上がっており、当初はブロックチェーン・スタートアップ企業であるChain社と提携して開発が進んでいましたが、Linux財団が提供するオープンソースソフトウェア「Hyperledger Fabric(ハイパーレジャー・ファブリック)」を採用し一部組み込む形で落ち着く結果となりました。

仮想通貨はVisaに勝てるのか?

Visaのビジネスソリューションズのグローバル・ヘッドであるKevin Phalen氏は、同プラットフォームは支払いプロセスの破綻を修正し障壁を取り払う画期的なものであるとし、次の様に述べています。

「Visaは、これまで一度も触れたことの無い新しい決済の流れに入っています。今まで常にカードベースのネットワークだったものの、私たちは世界中で決済可能で新しく高価値な国境間支払いネットワークを構築しました」

なお同プラットフォームでは、ネットワーク固有のデジタルID機能により銀行の詳細や口座番号等の機密情報がトークン化され、取引を容易とするための固有の識別子が付与される仕組みとなります。

シームレスな国際送金を目指すプロジェクトといえばリップルXRP)が有名です。しかしここにきてVisaやFacebookなど既存の大手企業が仮想通貨業界に参入し、ブロックチェーンネットワークの開発・構築を目指しています。

大手企業が独自のネットワークとトークンを用いればビットコインBTC)やXRPの様な仮想通貨を採用せずとも今までより高速な送金が可能となる可能性があるため、各国の規制強化と共にどのような流れとなるのか注視していきたい所です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です