今日の情報が、明日の君をつくる。

BitMax(ビットマックス)とは?特徴・登録方法・マイニングなど気になる点を総まとめ!

Bitmaxの口座開設はこちら

BitMax(ビットマックス)は取引に応じて報酬が受け取れる独自のマイニングサービスを提供するなど、ここ最近話題を集めている海外取引所です。一方、海外取引所のため情報も少なく、どのように使えば良いのか困っている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、BitMaxの基本情報や特徴・メリットをまとめたうえで、登録方法や使い方などを解説していきます。

BitMAXとは?

BitMax_とは?

BitMaxはシンガポールに拠点を構えている、BMXDM TECHNOLOGY社が運営する海外取引所です。

BitMaxのホワイトペーパーによると、運営・開発のコアとなる創業チームにはウォールストリートで金融や広告、インフラ構築で経験を積んだ専門家が所属しているとしています。2018年7月にプラットフォームのベータ版が公開され、2018年8月より本格的にサービスがスタートしています。

また、2019年5月時点では、ビットコイン、イーサリアム、USDTやUSDCなどの3種類の基軸通貨を使い取引をすることができます。

BitMaxの6つの特徴・メリット

ここからは、BitMaxの持つ特徴やメリットを確認していきましょう。

①独自発行のBTMXトークン

トークン名称 BitMax Token(BTMX)
発行枚数 100億BTMX
発行元 BitMax

BitMaxでは、独自の取引所トークンであるBTMXトークンを発行しています。ホワイトペーパーによると、BTMXはBitMaxのエコシステムを支える、重要な要素の1つとして扱われています。具体的には、ユーザーとトークン利用者はBTMXを使うことで、安全で利便性の高い取引をBitMaxで利用することができます。

100億BTMXのうち、49%はプレセールや創業チームなどに割り当てられます。残りの51%は、後述する独自マイニングサービスなどで報酬として活用されます。

②注目銘柄を数多く取り扱っている

BitMaxではビットコインやイーサリアムなどの主要な仮想通貨はもちろんのこと、ICOで注目を集めたマイナーな銘柄・草コインも数多く取り扱われています。

ここ最近では、バイナンスのローンチパッドで話題を集めたBTT(ビットトレント)なども上場しています。

③IEOも開催

BitMax_IEO

BitMaxではIEO(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)も開催しています。IEOとは取引所が主体となり、プロジェクトの監査や評価を行い開催されるICOのことです。

ここ最近では、バイナンスのローンチパッド(IEOプラットフォーム)が人気を集めています。開催されるIEOは軒並み即完売しており、追随するように他取引所でも積極的に開催されるようになりました。また、IEOは取引所が仲介役として存在しているため、企業単独で行うICOと比較しても信頼性が高く詐欺が少ないというメリットもあります。

BitMaxでも分散型ネットワークのThe DUOや商業向けブロックチェーンソリューションELFなどのプロジェクトが、これまでにIEOを行っています。

④独自のマイニングサービスを提供

BitMax_マイニング

BitMaxでは、トレードマイニングリバースマイニングの独自のマイニングサービスを提供しています。

トレードマイニングでは、発生した取引手数料と同額のBTMXトークンが支払われます。リバースマイニングはこれと逆で、取引手数料を受け取る代わりに同額のBTMXトークンをユーザー側が支払います。

リバースマイニングで支払われたBTMXトークンは、ネットワーク上でロックアップされ実質的に永久凍結されることになります。BTMXを獲得するためのトーレードマイニンングと供給量を減らすためのリバースマイニングによって、BTMXトークンの需要と供給のバランスが安定して保たれるよう設計されています。

⑤取引手数料を自分で選択できる

Maker Taker
通常取引 0.04% 0.04%
取引マイニング 変動制 変動制
リバースマイニング 実質0%

上述した独自のマイニングサービスに伴い、BitMaxでは取引手数料を自分で選択することができます。

通常取引の場合、MakerとTaker共に0.04%の手数料が発生しますが、こうしたマイニングサービスをうまく使うことでコストを抑えた取引をすることができます。トレードマイニングの手数料は、BTMXトークンの供給が過剰にならないよう変動制の仕組みが採用されています。

⑥BNB・HT・KCSなどの取引所トークンも購入可能

BitMaxでは、BNB、HT、KCSなど他の取引所のトークンも購入することができます。現在HTとKCSに関しては、それぞれ発行元であるHuobiとKuCoinを日本人ユーザーは利用することができません。

一方、BitMaxを使えばこうした取引所トークンも購入することが可能です。HTやKCSを購入したい日本人であれば、BitMaxを利用する大きなモチベーションになるでしょう。

BitMaxの登録方法

ここまで、BitMaxの概要や基本情報、特徴・メリットをまとめて確認してきました。ここからは、BitMaxの登録方法などを確認していきましょう。ざっくりした流れは、以下のようになります。

BitMaxの登録手順

①メールアドレスとパスワードの登録

②メールを確認し記載されたコードを入力する

③パスワードを入力し登録を完了させる

①メールアドレスとパスワードの登録

BitMax_登録

BitMax公式ページにアクセスし、画面右上の赤枠で囲った「Sign up」をクリックします。

BitMax_登録方法

続いて、画面中央に表示されている空欄に必要事項を入力していきます。赤枠①にはメールアドレス、赤枠②にはパスワード、赤枠③のボックスにチェックをつけましょう。

入力した内容を確認したうえで、赤枠④の「Sign up」をクリックします。

②メールを確認し記載されたコードを入力する

BitMax_登録

登録したメールアドレスあてに、BitMaxから確認メールが届きます。赤枠で囲ったところに記載されているコードを、コピーするか紙などに記載しておきましょう。

BitMax_登録

コードを控えたら登録画面にもう一度戻ります。赤枠①にメールに記載されていたコードを入力し、完了したら赤枠②の「OK」をクリックしましょう。

③パスワードを入力し登録を完了させる

BitMax_登録

すると、上記の画面に移動します。赤枠①には先ほど登録したパスワードを入力しましょう。また、赤枠②には確認用のパスワードを入力します。入力した内容に問題がなければ、赤枠③の「Sign up」をクリックしましょう。以上で登録は完了です。

この後、ログイン画面に移動するので、念のためメールアドレスとパスワードを入力してログインできるかまで確認しておきましょう。

BitMaxの使い方

ここからは、BitMaxの使い方を確認していきます。

ログイン方法

BitMax_ログイン

上記は、BitMaxのログイン画面です。まず、赤枠①に登録したメールアドレスを入力します。続いて、赤枠②にパスワードを入力しましょう。入力内容に問題がなければ、「Login」をクリックします。

ログイン

すると、上記のようなスパム防止のための画面に移動します。上部の赤枠で囲ったパズルを、下部の赤枠で囲ったスライダーを右側に進めて空欄にあてはめます。パズルを直接クリックして、空欄まで移動させることも可能です。パズルのあてはめが完了すれば、無事にログインは完了します。

取引画面の見方

BitMax_取引方法

続いて、取引方法を確認していきましょう。BitMaxのホーム画面で、画面右上の赤枠で囲った「Margin」をクリックします。

BitMax_取引方法

上記は、BitMaxの取引画面です。取引画面は主に、赤枠①〜⑥で囲った6つの要素で構成されています。赤枠①では、自分が取引したい通貨ペアを選択します。上部にある「Search」の検索バーにワードを入力して検索できるほか、BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、USDS(ステーブルコイン)の3種類の基軸通貨を切り替えることも可能です。

赤枠②では取引資産の管理を行うことができ、赤枠③では選択した銘柄のチャートが表示されます。赤枠④からは、実際に通貨の購入や売却の注文を出すことが可能です。赤枠⑤には取引所内で出されている注文が表示されており、赤枠⑤にはこれまで約定した取引の注文履歴が表示されています。

下記では、赤枠④を使った注文方法を詳しく確認してみましょう。

指値注文を出す場合

BitMax_購入

上記の画像は、注文画面を拡大したものです。選択されている通貨ペアは「BTC/USDT」となっています。

指値注文を出す場合は、赤枠①で囲ったところに価格を入力します。赤枠②には購入したい数量を入力しましょう。完了したら、赤枠③の「Buy BTC」をクリックします。以上で指値注文は完了です。

成行注文を出す場合

BitMax_購入方法

続いて、成行注文の出し方を確認していきましょう。通貨ペアは先ほどと同じ、「BTC/USDT」となっています。

成行注文を出す場合、まず赤枠①で囲った「Market Order」をクリックします。続いて、赤枠②に購入したい数量を入力します。完了したら、赤枠③の「Buy BTC」をクリックしましょう。以上で成行注文は完了します。

まとめ

以上、BitMaxについて解説してきました。ユーザーにとっても利益があり、なおかつおもしろいマイニングサービスは、BitMaxが人気を集める理由の1つです。加えて、HTやKCSなど日本人ユーザーが利用できない取引所のトークンも購入できる点は、大きな魅力といえるでしょう。

仮想通貨市場の拡大に伴い、さらなるユーザー数の拡大が見込めるかもしれません。今後もその動向に、ぜひ注目してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です