今日の情報が、明日の君をつくる。

仮想通貨データ共有プラットフォームXangleが330万ドルの資金調達に成功。韓国コングロマリットのハンファグループが名乗り。

投資ラウンドシリーズAにて仮想通貨企業のデータ共有を目指すXangleは、投資ラウンドシリーズAにて韓国のコングロマリットであるHanhwa Group(ハンファグループ)から330万ドル(約3.5億円)の資金調達に成功したことを明らかにしました。

ハンファグループ、初の仮想通貨企業投資

Xangleはシンガポールを拠点とするCrossAngleによって運営されています。仮想通貨を発行するグローバルプロジェクトおよび企業から開示されているデータを収集・検証および統合し、透明なデータを公開することで、一般の人々がアクセスしやすくなることを目指しています。

7月16日、Xangleは投資ラウンドシリーズAにて、韓国の主要証券会社Hanwha Investment & Securities(ハンファ投資証券)から330万ドル(約3.5億円)の資金調達に成功しました。

ハンファ投資証券はサムスンやヒュンダイと並ぶ韓国最大級のコングロマリットHanhwa Group(ハンファグループ)の子会社です。現在デジタル機能の強化に取り組んでおり、韓国の投資会社としては初めて「ビッグデータ」を扱う子会社を作っていました。

またハンファグループとしても仮想通貨企業への投資は初となります。Xangleを運営するCrossAngleは今回の資金調達により、現在業界の重要な柱の一つとされている仮想通貨のデータサービスを制度化するための基盤とインフラ構築を目指します。

60以上の取引所がパートナー

CrossAngleは情報を統合し標準化することで、誰でも仮想通貨へのアクセスと理解が容易になることを目指していますが、仮想通貨は国境や言語を超越しているため幅広いユーザーに対応できるプラットフォームが必要となります。

新たに立ち上げたXangleによって提供される標準化されたデータ開示コンテンツでは、プロジェクトの最新情報を共有・発信し、取引所やファンド、保有者が適切なデューデリジェンスと誰でも進捗状況のスムーズな確認が可能となります。

すでにXangleのグローバルパートナーには日中韓を含む東南アジア・欧米・中露から60社以上の仮想通貨取引所が含まれており、800以上の仮想通貨の開示データに自由にアクセスすることができます。

今回の資金調達にハンファグループが名乗り出たことにより、サムスンやヒュンダイなど全ての韓国コングロマリット企業が仮想通貨関連のビジネスに参入してきたことになります。そのためますます業界が発展していくことが期待されます。